「一軒家」から「アパート」は本当にツライです…




昔の写真を整理していたら、田舎から引っ越す時、土地探しの時、着工の時、等々、懐かしい写真が出てきました。

懐かしいといっても、まだ3年前くらいなんですが、写真を見ると当時の記憶が戻ってくるものですね。。。

 

最初はアパート暮らしが楽しみだった!

田舎暮らしを卒業しようと思った理由は以前にも書きました。

でも、別に急いで引っ越したい理由はありませんでした。

確かに、一部の人たちに対して、かなり頭に来ている状態ではありましたが、別に顔を合わせずに暮らすことは可能です。

それに、急な転勤とか、家がダムで沈むとか、高速道路建設で立ち退きというわけでもありません。

しいて言えば、妻の仕事的に、4月になる前には引っ越したほうが良いかなという感じ。

でも、個人的には家が売れなくても早めに引っ越したいってのがありました。

「久々のアパート暮らしも、楽しいかも!?」なんて思っていたんです。

実際、アパート探しも、そこそこ楽しかったのです。

(日テレの「幸せ!ボンビーガール」じゃないですけど、新居探しはいつだって楽しいんです。)

なので、もしも家がすぐに売れなければ、先に仮住まいに引っ越して家を建てて、田舎の家は別荘代わりに使えばいいやと、それくらい気楽に考えていたんです。

(まあ、すぐ売れちゃったんですけどね。苦笑)

でも、仮住まいでの生活が楽しいなんて、それは非常に甘い考えだったのです。苦笑

 

モノが多すぎる

というわけで、始まったアパートでの仮住まいの暮らし。

でも、ペットOKの賃貸って、まだまだ少ないんですよねー。

決めたのは、2LDKのけっこう古いアパートでした。

広さは夫婦と犬1匹、2LDKで十分だろうと思いましたし、古いけど「キレイ」だったので、まあOKかなと。

 

ところがですね、引っ越してみたら、これがまた予想外の荷物の量だったんです。。。

どれくらい凄いかというと、2LDKの1部屋、6畳の洋室が完全に段ボールと荷物で埋まったのです。。。

それも、びっしり天井まで。。。

一軒家からアパートの場合、そもそも面積が狭くなるわけですから、そりゃーそうなりますよねー。苦笑

そして、その部屋だけでは足りず、リビングも物や荷物がぎっしりで、正直、ウンザリしました。。。

こちらが、その時の間取りをザックリと書いてみたものですが、左上の部屋が完全に埋まったのです。

上の間取り図は、ちょっと玄関が狭すぎだし、どこか実際と違いますが、でも、だいたいこんな感じ。

ただでさえ狭いのに、洋室がまるまる埋まって、なおかつ他の部屋も窮屈という大惨劇が起こったのです。。。

 

アパートって平屋と同じだなあと思った

とはいえ、生活は普通にできました。

モノや荷物がぎっしりで、しかも狭いんですけどね。

でも狭い中でのデスクワークって、意外に、集中できるんですよ。

広い空間って、意識が拡散しやすくて、心理的に集中には向いてないようなのです。

なので、仕事に支障は一切ありませんでした。

ただ、生活は、ちょっと窮屈感ありましたね。

TVとソファーの距離も、ちょっと近いなあって感じでしたし。

犬もゲージから出して遊ばせるようなスペースはありません。。。

でも、それもそのうち慣れるんです。

それに、狭い方が、なにかと導線が良いんです。

で、これって、よく考えると、平屋と同じなんです。

すべてのモノが同じフロアにあるってのは、ラクなんですねえ。

田舎の家は平屋でしたが、母屋と増築した離れが廊下でつながってましたから、家の中でもそこそこ歩く必要があったんです。

それを考えたら、このコンパクトさも悪くはないなと思ったものです。

あくまで、「ちょっとの期間」ならね。苦笑

 

しかし上下左右の部屋に気を使うのは想像以上にストレス

でも、やっぱりアパートやマンションってのは隣に気を使いますね。

昼間でも、音楽をガンガンにかけたりできません。

当然、重低音サラウンドで映画も見れません。

歩くのも静かに歩いたりしなければなりません。

もともと他人にめちゃくちゃ気を使う性格の自分ですから、そこが大きな不満点でした。

とくに、何も気にしなくてよかった田舎の一軒家からアパートへの引っ越しですから、そのストレスはかなり大きかったです。

 

集合住宅の音のトラブルって怖いですよね。

大学時代は一人暮らしでしたが、けっこう「音」のトラブルがありましたねー。

友達と騒いでいたりすると、隣の壁からドンドンと注意する音がしたり。

下の部屋の人が早寝の人で、「うるさい!」って怒鳴り込んできたり。

ある時、「ドラえもん」の映画をレンタルしてきて夜中に見ていただけで、

「うるせーうるせーうるせー!・・・・・うるせーんだよーーー!!!

って若い女性の怒鳴り声が上の部屋から聞こえてきたこともありましたね。(怖)

たぶん、寝相が悪い自分なので、夜ロフトで寝てるときに無意識に天井をガンガン蹴っていたりしたことがあったんで、それが原因でしょうね。汗

過去にそういうことがあったんで音にはすごく注意しているんです。

でも、一軒家に一度住んでしまうと、そんなこと気にしないでOKですからね。

それがいかに、幸せな事だったか。。。

そして再び集合住宅に戻ることが、こんなにも気を使うことだったなんて、思ってもみませんでした。。。

できれば、仮住まいに住まずに、タイミングよく新築に引っ越したいものです。