ミニマリストのマイホーム計画




前回のブログで、「仮住まい」のアパートに引っ越したけど、荷物が多くアパートが満杯になってしまい大失敗した話を書きました

やっぱり、モノや荷物は少ない方が良いですよね。

 

結局、数ヶ月「段ボール」のまま。。。

仮住まいのアパートは2LDKでしたが、そのうちの1部屋、洋室6畳分が荷物で天井までいっぱいになってしまいました。

いや実は、それでも、けっこう物や荷物を捨てたんです。

とくに、最も大事にしていた「本」なんか、3~4割くらいはブックオフに持って行ったと思います。

それでも、満杯状態。

ちなみに、その部屋に格納した荷物は、すぐには使わないものばかりでした。

でも、よーく考えてみてください。

数ヶ月も使わなくて済むモノや荷物が、6畳の部屋いっぱいに詰まっているって、どういう状況でしょう?

無駄の極致に思えてきますよね。苦笑

 

本だけじゃなかった・・・

そして待望の積水ハウスの新築が完成しまして、めでたく引っ越して、段ボールからものを取り出します。

そこでまたビックリ。

仕事部屋の本棚が足りない。。。苦笑

まあ、たしかに、田舎の家には「図書室」がありましたからね。

結局、またしても大量の本をブックオフへ。。。

当初の半分くらい本が減ったような感覚があります。。。

しかし本だけじゃありませんでした。

延べ床で40坪以上あった家ですから、30坪の3階建てでは、やっぱり収納が足りませんでした。

靴箱も満杯でしたし、ホント荷物の多さってのは、かなりデメリットであることを実感しました。

 

必要最低限しか持たない「ミニマリスト」

3年くらい前でしょうか、ミニマリズムという考え方があることを知りました。

アメリカ発の考え方だと思いますが、日本でいうと「断捨離」が近い概念でしょうか。

必要最低限のモノだけで暮らし、日常に心を煩わせることなく自己実現を目指す、というライフスタイルです。

これって、いわゆる「貧乏生活」とか「節約生活」と誤解する人がいるんですけど違うんです。

自分の学生時代は、ある意味でミニマリストでしたが、頭の中は「カネがない!」「ほしいものが買えない!」という不満だらけでした。

きっと、お金があったらモノを買いまくったことでしょう。

この時点でもう、ミニマリストとは呼びませんねー。

思想が完全に物欲に支配されていて、自己実現の支障になっています。笑

ミニマリストというのは、お金があっても、必要最低限で暮らす人のことを指します。

なので、ミニマリストだからって電気代やガス代を節約するか、といったらしません。

自分の目的に合っていることなら、コストとみなさないのです。

時短も重要ですから交通費も節約しないでしょうからタクシーや飛行機など必要ならガンガンつかうでしょう。

また、マイカーも持たないでしょう。

いや、マイホームさえ持たないと思います。苦笑

 

目標達成だけを考えると必然的にミニマリストになる

つまり、ミニマリストが単なる「断捨離」と違うのは、「目標達成のための最短距離」を意識するということにあります。

自己実現・自分の目標達成のために必要ないものを排除するということです。

とくに、日常生活でありがちな無駄なモノやイベントに心を煩わされないということですね。

例えば、ミニマリストとされている「ビルゲイツ」なんかは同じ服を30着ももっているという話は有名です。

つまり、毎日どの服を着ようか迷う時間がバカバカしいということです。

服を買いに行って迷う時間も無駄ですね。

でも、清潔であることは必要ですから、いつでも着替えることができるように30着も同じ服があるというわけです。

あと、スティーブ・ジョブズも「ミニマリスト」だと言われてますよね。

こうしてみると、すごい勢いで目標達成する人、成功者はミニマリストなんですね。

ていうか、ミニマリストにならざるを得ないのではないかと思うんですよね。

 

ミニマリストなのに「マイホーム」て?

というわけで、そもそもマイホームを持つってことがミニマリストではないと個人的には思うんです。

なので、自分はまだミニマリストの神髄にまでは至ってないんだろうなと。笑

でも、自分なりに「仕方ないよなー」とも思うんです。

自分の場合は、それほど裕福な家庭に育ったわけではないです。

大学も学費免除と奨学金で通っていたくらいで、つい数年前に奨学金も全額完済したばかりです。

あ、でも、親の名誉のために言いますと、それほど貧乏ではなかったと思いますけどね。

TVで貧乏自慢の芸人とか見ると、とくにサンシャイン池崎の実家とか見ると、ウチはあそこまでではなかったなと。笑

でも、やっぱり、周りと比べると、もう少しお金があったらなと思うことが多かったです。

なので、お金がある状態ってのを体験したいって思いがすごくあるのです。

ある意味で、今回のマイホーム計画で、もう満足かなという感じですけどね。

なので、徐々にミニマリストに向かっている最中であります。笑

 

ミニマリストを目指す人のマイホーム計画って?

というわけで、ミニマリストはマイホームなんか持たないでしょうから、「ミニマリストを目指す人」のマイホームってことで考えてみました。笑

でも、安易に「収納を減らす」とか、そういうことではないように思うんですよね。

極力日常の細々としたことに時間を使わない、心を煩わせないという点が重要だからです。

とすれば、収納は整理整頓のためには、ある程度必要ですよね。

だって今すぐに、なんでもかんでも捨てられないですから。

あと、時短のためには家事導線は意識して短くする必要がありますね。

全て手の届く範囲に、必要なものがあるってのが理想です。

そんなことを考えていると、だんだんワンルームの小汚い部屋が頭に浮かんできました。。。

うーん、だめだなこりゃ。

もう少し修行して、まとまったらまた記事を書こうと思います。笑