やっぱり今できないことは新築後もできない




仕事が忙しくてヤバイです。

土日は仕事で、住林さんとの打ち合わせの前日なんか朝まで間取りとか、平屋か総二階かどっちかな、とかウンウンと考えたりしてたら疲れてしまいました。

今日は、台風のおかげで停電が夕方まで続き、仕事があまりできず。

しかも、物置が車に倒れてきたりで(汗)、もう大変な一日だったんですが、なんだか逆に良い休みになりました。(妻も休日でしたし。)

とはいっても、夜はさっきまで仕事してたんですけどね。苦笑

 

 やっぱり、LDKと書斎は分けられない!

色々と考えた結論なのですが、やっぱり、今までやってこなかったことは、新築してもできないだろうなあということです。

過去にこんな記事も書きましたが、これは教訓です。

今できないことは新築後もできない(住友林業編)

2017.08.06

今できないことは新築後もできない(積水ハウス編)

2017.08.04

わーい、新築だ!となると、ついつい決意を新たに、新しいことを始めたくなりますよね。

新しい家になったら、河川敷も近いし毎日ジョギングしようとか、あんなこともこんなことも!

とか考えがちですよね。

冷静になると、そんなこと、まずしないですからねー。

やったとしても最初だけです。

過去を振り返ればわかること。苦笑

1軒目も「書斎=仕事場」をあちこち移動しても、結局仕事はリビングでしていました。

2軒目の今の家も、1階のオフィスは使わず、リビングで仕事してます。

条件は違いますが、リビングが好きなんですよね。

なので、リビングを仕事場にしないとダメだなと、もう、そう決意しました。

 

しかし総二階プランでは夢の土間+和室が実現不可能に

でも、問題はあります。

総二階でのリビングと書斎を合体させるプラン。

そうすると、土間からの和室という夢の間取りが実現できなくなるのです。

↓ イメージ画像

この間取りパターン、本当にいいですよね。

なぜ総二階だと採用できないかというと、この和室の位置に、書斎を持ってくるからです。

平屋プランなら、まだこの間取りパターンを採用することができます。

結果として、やはり、平屋か総二階か、さらに迷うことになります。。。

 

長く住んでると、やっぱり利便性だよなあ・・・

でも、思うのは、「憧れ」とか、「単にやってみたいから」とかで家を作っても、やっぱり、書斎と同じ運命をたどるんだよなあと。

今の家では土間のMTGルームは、本来の目的外ですが、けっこうよく使います。

自分のクライアントは自分が客先に行きますから過去に1名しか来てませんが(苦笑)、銀行、保険、建築、車などの営業さんや妻の友人、親戚などなど、けっこう利用しています。

決して隣に和室がなくても、MTGルームだけでことは足ります。

もしも、親しい人であれば「中へどうぞ」ってなったら、リビングに通せばいいのです。

MTGルームと和室が並んでいても、和室は客間として使わないでしょう。

単に、MTGルームから見えて、空間が広く見えたり、あと、格好いいねって感じで終わるでしょう。

↓ マイホームデザイナーで作ったイメージ図です。

格好いいですけど、利便性を考えたら、和室はなくてもOKですよね。。。

 

むしろ、打ち合わせ中に書類とかをMTGルームにもって行きやすいので、隣に書斎があった方が便利かもしれません。

とか何とか考えていると、総二階でいいかなと、再び総二階の方に傾いているかなというのが現状です。