マイホーム1軒目は大冒険だった!




最初のマイホームは、田舎に350坪の広い土地に平屋を建てました。

地元の不動産屋さんに依頼して、大工さん一人に建ててもらった家です。

実はこれ、自分的には大冒険でした。

 

あれはもう10年以上前、2005年になります。

その頃は都内でサラリーマンをやっていました。

一部上場のIT企業に勤めてまして、とくにこれといった不満もなく毎日を過ごしていました。

でも正直な話、IT業界にありがちな「激務」に少々疲れていたのと、あと、プライベートでも若干深刻な問題が解決したばかりの時期でした。

そこで、気分転換というには軽すぎますが、ちょっと環境を変えようと思いまして、前々から憧れていた田舎暮らしをしようと思いました。

もちろんサラリーマンは続けるつもりでしたので、都内まで通える範囲での「プチ田舎暮らし」です。

いろいろとストレスをため込む前に、「いっそのこと、やりたいことを思う存分やろう!」と思ったのです。

 

ある日、田舎へ土地探しに出かけ、気になった土地の近辺の住人に、「この辺りの土地はどうですか?」と声をかけたら親切な人で、いろんな情報を教えてくれました。

そして、その人も世話になったという、とても信頼できる不動産屋さんを紹介してもらいまして、その不動産屋さんにすべてをお任せしたのです。

話はトントンと進み、なんと350坪の広大な土地に平屋を建てることになったのです。

もう「ワクワク」が止まりませんでした。

仕事中も田舎のことが気になって仕方がありません。笑

土地もすごく良いところで、見に行くたびに「こんなところから会社に通うのも面倒だなあ」なーんて気分になってきました。

そして、大決断だったんですが、家が完成したら、会社を辞めて、本格的に田舎暮らしをしようと決意したのです!

 

いやあ、これ、自分的には大冒険です。

なぜなら、田舎に行った後の仕事のこととか何も考えてません。

貯金なんか、もちろんありません。笑

じゃあ家はどうするの?

そんなのローンで買えばいいや。

って感じでした。笑

さて、どうなることやら。。。