ベルバーンの質感と迫力を感じられる写真をどうぞ(笑)

今回もまた前回の続きで積水ハウスの工事の様子です。

ロックウールとグラスウールってどうちがうの?

2018.02.09

上棟する前に雨に降られるパターンって多いよね?

2018.02.08

積水ハウスの基礎って謎が多いよね

2018.02.07

地縄を張ったらあまりに狭くて帰りたくなった話

2018.02.05

いよいよ完成が近づいてきました。

 


ベルバーン登場

ついに出ました、ベルバーンです。

ベルバーンというのは、積水ハウスのシャーウッドで使われる外壁です。

簡単に言うと「陶器でできたサイディング」と言った方がわかりやすいかもしれません。

通常のサイディングよりも高価です。

でもウチの場合は、ベルバーンキャンペーンというものがありまして、サービスで付けて頂くことになっていました。

このように、とても重厚でおしゃれな外壁です。

でも、今の住友林業さんのシーサンドコートと同様に、どのような見た目になるのか、サンプルがないので非常に不安でした。

もちろん、小さなサンプルは打ち合わせの際に見せて頂きましたが、実物の家を見ないとイメージがわきません。

とくに全体の印象が期待しているような、重厚な茶色の家のイメージになるかどうか非常に心配でした。

 

積水ハウスの場合、実際のサンプルがたくさんあるところがメリット

さらに困ったことに、住まいの参観日では、茶色のベルバーンを採用した家は1軒もなかったのです。

そこで、積水ハウスの茶色いベルバーンの家は無いか、妻と近所をドライブに行きました。

そしたら、ちらほらとありました。苦笑

でも、住宅地の中だったり、大通り沿いだったりで、ゆっくり眺められるわけではありません。

そりゃ他人の家ですから、家の前で二人してジロジロ見れませんので、車で一瞬通りすぎるだけです。。泣

というわけで、営業さんにモデルハウスとか参考になる建物がないかどうか聞いてみることにしました。

そしたら、「積水ハウスが分譲している分譲地に少しありますから、犬の散歩がてら見に行ってみたらどうでしょう。」

とのこと。

積水ハウスの良いところは、こういう大規模分譲地をたくさん持っているので、実際のサンプルをたくさん見られるってことですね。

その分譲地は、まだ販売中の土地や、建築中の家もありました。

しかも積水ハウスオンリーで他のハウスメーカーは皆無の大分譲地でして、気兼ねなく見て周りやすい雰囲気なのでした。

 


営業さん曰く「3階建てのベルバーンは迫力ありますよー」

茶色のベルバーンの実際の家を見て、これなら大丈夫だなと思いまして。

心配していた、赤っぽく見えないかという不安も払しょくされました。

人によって、「色の好み」ってあると思うのです。

住林さんの茶色のシーサンドコートもそうなんですが、茶色でも赤が強い茶色になると、自分の好みのイメージから少し外れてしまうのです。

それとベルバーンの場合は、わざとセルごとに色むらが付けられているのですが、下の写真でわかりますでしょうか。

これが、わざとらしく見えないか少々心配でした。

それも実際の家を見て払しょくされたんですが、見に行く前に、そのあたりの話をしていたときの、営業さんの一言。

「マキシオ(3階建て)でベルバーンを貼ると、かなり迫力が出ると思いますから、細部はまったく気にならないと思いますよ。」

とのこと。

なるほど、細かい部分が気にならないほど、迫力があるってことですか。。。

 

たしかに迫力と質感の高さがすごい!

営業さんにそう言われた当時は、「うーん、そうなんですかねえ・・・」と半信半疑でしたが、実際ベルバーンが貼られて、「うん、確かに!」と。笑

工事中とはいえ、こうして下から見ると、本当に迫力があります。

これには本当に感動してしまいました。

こちらは家の角の部分ですが、これも質感がすごく良いです。

当たり前ですが、90度にカッチリとおさまっています。笑

たしかに、若干の色の具合とか、模様があれこれとか、あまり関係なく。

この質感と迫力があれば、まったく些細なレベルでした。

こういうのは完成した自分の家ならではでして、じっくり見ないと実感できません。

ちなみに上の写真はまだコーキングがされてませんが、その方がベルバーンの厚みが見えて、格好良いなあと思ったりして。笑

 


とにかく速い積水ハウス

前回のブログで、積水ハウスの工事の様子の写真があまりないのは、建築中の様子に興味がなかったからだと書きました。

でも、改めて振り返ってみると、その一番の理由は積水ハウスさんの工事の速さなのかなと思います。

1週間忙しくて放置しちゃうと、もう次の工程ですからねえ。

前にも書きましたが、住林の設計さんの話では、積水ハウスは定型が多く、すべての工程が非常に効率的らしいです。

そのため、工事も速く終わるんだと思います。

それ以外にも、メールなどで問い合わせた時のレスも超・速く、当日、遅くとも翌日には100%返事がきます。

あまりに早すぎて、ちょっと待って、と言いたくなる時もありましたが、すべてが速くて効率的、かつ高品質という、そういう印象があります。

 

というわけで、あっという間に軒天井も貼られました。

住林さんの場合は、軒天井はいろんな種類を選べるんですが、とくに何も言わなくても積水ハウスの場合はこれです。

こちらは玄関ドアの庇部分の軒天井ですが、ラインも入っていて、とても格好良いと思います。

ある程度の格好良さのものが標準になっているので、悩む必要がないというのも良いところですね。

 

バルコニーも取り付けられ外壁は完了でしょうか

いつのまにか青いメッシュシートが取り払われまして、ふと見たら、バルコニーも取り付けられていました!

このバルコニーの手すりというんでしょうか、ガラスになっていて日差しを通すタイプなんですが、とっても格好良く、お気に入りポイントの一つです。

ちなみに、室内を見ると、石膏ボードが貼られていて、あとは仕上げを待つだけの状態でした。

ちなみにここは、いつの間にか仕事場になってしまった、LDKのデスクスペースですね。苦笑

建具も取り付けられていました。

天井の穴は、熱交換式の24時間換気システムの吸気です。

そしてまもなく足場も撤去されまして、いよいよ次回は完成披露です。

ただ、入居前WEB内覧会ができるほどの写真があったかどうか。。。苦笑