こだわりすぎのマイホーム(積水ハウス編)




田舎暮らしをリタイア(?)して、街に出てきたタヌコロリ御一行。

1軒目で、たいしてこだわらなかったのに、他人から見れば恐ろしくこだわった家が出来上がった話は書きました。

こだわりすぎのマイホーム(大工さん編)

なのに、2軒目は、こだわりにこだわりました。

なぜそこまでこだわったのか!?

 

 


こだわったつもりはないのに「こだわり過ぎ」と言われた…

これは住友林業で打ち合わせを始めるまで、自分でも本気で気が付かなったんです。

どうも自分は、一般のお客さんよりも、かなり、こだわりが強い部類に入るようです。笑

そのようなことを、住林の人に言われたんですが、思い起こせば積水ハウスのときも言われたんですよ。

でも、「そんはずはない!」と思っていたんです。

 

なぜなら、世の中のブログを見ると、うちなんかより、はるかにハイスペックな邸宅を建てている人はいます。

邸宅とまでいかなくても、皆さん、すごくハイセンスでおしゃれなマイホームを建てていますよね。

(めちゃくちゃ参考にさせてもらってますが。笑)

しかも、すごく勉強されてますよね。

住宅の本を読むより、ブログを読むと勉強になるという、そんな感じですよね。

 

ハウスメーカは自ら最初にハードル上げすぎ

もちろん、1軒目を基準にしているからか、最初のハードルがものすごく高く設定されてしまっていたのも、理由の一つでしょう。

そもそも、業者さんに任せておけば、ベストな提案が自動的に出てくると思い込んでいますから、それが出てこなかった時の落胆は大きかった記憶があります。

1軒目の業者さん(Aさん)のときは、すべてお任せで、おしゃれで安心な家が自動的に作られる仕組みだったんですよね。

それを考えると、ハウスメーカーは全体的にそこが少し弱い気がします。

(まあ設計事務所じゃないですから、仕方ないですが。)

 

でも、まず、いきなり、展示場やパンフとは全然ちがうショボい提案が出てくるのはどうかと思うんですよね。

展示場やパンフの邸宅レベルの豪邸を散々見せておいて、自分でハードルを上げに上げておいて、どんと落とすわけです。笑

で、ガッカリして、「これじゃあだめだから展示場と同じにしてくれ」なんて言うと、目が飛び出るくらいの高い金額提示になるわけです。

だったら、展示場の意味ないじゃん。笑

せめて、ブログに出てくるような、(やや失礼かもですが)適度におしゃれな仕様を最初から出せよと。笑

 


 妻の希望は積水ハウス

でも、積水ハウスの家の剛性感というか頑丈な構造スタッフさんの紳士的な態度、確実な工事、これは本当に良かったんですよね。

とくに東北で大震災がありましたから、安心感は重要なファクターです。

それに、妻は積水ハウスを非常に気に入ってます。

ブランド力というやつでしょうか、よくわかりませんが。。苦笑

 

そういうわけで、契約したからには、落ち着いて希望をかなえられる範囲で、かつ、コスパの良い家を作らなければなりません。

間取りから、設備から、最低限必要と思われるものをピックアップしていきます。

いや、最低限ですよ。

しかし、最低限だと思っていた広さや設備、それらはすべて、予算オーバーになるわけです。。。

そんなバカな。笑

金額書いちゃいますが、家に4000万円以上も払うなんて、1軒目からしたら、もうまったく考えられない金額だったんです。

しかも、「(営業さんいわく)すごくたくさん割引した」はずなのに、、、です。

 

 

おしゃれとか、その以前に屋上がほしかった

2軒目の積水ハウスでの家づくりで、もっとも希望したのが屋上です。

もちろん、オフィス兼自宅とか、ほかにもいろいろ希望したものはあったのですが、一番は屋上でした。

でも結局憧れの「屋上」は、かなわぬ夢と消えたのでした。

屋上があれば、晴れた日はタヌコとコロリを放せますし、排ガスとかも3階までは上がってこないのです。

(近所で2階のベランダに洗濯物を干している人は、排ガスで黒くなるって言ってた。)

が、しかし、やっぱり予算が合いませんでした。

 

それに、屋上は当時は特別仕様でして、かなりリスクが高いので避けたほうが良いということで、かなり設計さんに渋られたんですよね。

今の積水ハウスの営業さんいわく、2017年には屋上が正式な商品としてあるらしいので、全然OKらしいですけどね。(うーん、悔しい!)

結局、通常より広いバルコニーを2階に作ってもらうことで落ち着いたんですが、犬を放すには狭いし、空気は悪いし、活用できてないですね。。。

このように、何をするにしても、1軒目と違って、コストに強烈に跳ね返ってくるのは、さすがにストレスでした。

しかも、自分としては、超・おしゃれにしてくれとか言うわけでも無し、たいしてこだわってないつもりなのに、、、です。

 

 


ブログとリアルの差と、都会と田舎の差

最後に、もうひとつ。

積水ハウスの当時の営業さんから聞いた話。

私たちの住んでいる地区の担当支店では、私たちほどの要求を出す顧客はほとんどいないとのことでした。

(ブログではあれだけおしゃれな積水ハウスの家が並んでるのにねえ。。。)

 

とくに、標準の作り付け家具が気に入らないから、家具会社に発注してくれ、などという客は皆無だったそうです。

設備にしてもそうです。

積水ハウスの家の設備は、住友林業の担当さんに言わせると「フル装備」だそうです

えー、うそお、世の中のマイホームブログを読めば、だいたい出てくる装備じゃん!

本気の本気で「ウチは一般的」と思ってたんですよね。

いや、ほんと、積水ハウスのブログを読むと、みんなつけてるようにおもうんですけどね。

それに便利だし。。。

 

という感じで、業者さんと自分たちのギャップが理解できなかったんですよね。

 

私たちの住んでいる地域は、「街」といっても、地方の小さな「市」の駅前地区というだけで、全体としてみれば、「田舎」です。

私たちの地区を管轄する支店は積水ハウスも、住友林業もカバーする地域が広く、しかも、8割くらいは相当な田舎の地区です。

それを考えると、田舎においては確かに、私たちは特殊、というか、ちょっと面倒くさい客なのかもしれませんね。。。