部屋が一発でおしゃれになる5つのアイテム




いやー、寒いですね。

次の土日こそは花や樹木をいっぱい買ってきて植えようと思っていましたが冬は寒いからムリですね。

春まで待ちましょう。

それまでは秋に植えたノースポールがワサワサに増えたんで、それを眺めて我慢します。

寒い時は家の中をなんとかしましょう。

ちょっとずつ「おしゃれ」アイテムを増やしていきたいなと思ってるんですが、

やみくもに「これいいな!」ってものを買ってきても、

飾ってみたら「ダメだこりゃ!」ってパターンってあるじゃないですか。泣

なので今日は、

「これはハズさないね」

「手軽だね!」

「一発でおしゃれになるね!」

的なものを、ランキング形式で「5つ」ご紹介します。笑

(んー、あくまで僕がオサレと思ったものでゴザルよ。)

 


ダントツ1位は観葉植物!

さて、ダントツの1位はやっぱり観葉植物です。

ここまで部屋の印象をガラッとかえてくれるものはないと思います。

極端な話、2位以下は無視して頂いて、部屋のポイントに観葉植物を置いておくだけで全てOKなような気もします。笑

ところで、観葉植物って皆さんは、どこで買いますか?

よくあるパターンはホームセンターだと思います。

がっ、ホームセンターで買うと植木鉢がイマイチということがありますよね。

だからといって格好良い植木鉢に植え替えするのも非常に面倒くさい。

そういう場合は、植木鉢ケースがオススメです。

 

観葉植物に水をあげる時も、容器の下部にフタが付いていて、

床に水が漏れないような仕組みになっているものもあるので色々と探してみると良いかもしれません。

いちおう、我が家では黒いカバーを使ってます。

でも本当は、植え替えの手間はかかりますが、植木鉢カバーじゃなくて、植木鉢の格好良いものを物色中です。。。

 

ま、植木鉢はさておき、結論としては、緑ほど部屋を変えてくれるアイテムはないということですねー。

キッチンカウンターのミニバラごしのテレビです。(笑)

あぁ、夏になると虫が怖いな。。。

 

第2位 洗剤の容器

さて、次は小物です。

洗剤の容器です。

洗剤というか、ウチではハンドソープの容器を「おしゃれ容器」に入れ替えて使用しています。

中身とは全く無関係な英字が書いてあるんで、よく見ると怪しいんですが、

なぜか「おしゃれ」に見えるのは僕だけでしょうか。笑

キレイキレイとかの容器をそのまま置いておくよりは絵になります。

とくにトイレとか、周りにモノがないので非常にインパクトのあるワンポイントになります。

ちなみに、浴室のシャンプーも、おしゃれな容器に入れ替えております。

 

どうせなら、キッチンとかにも置きたいなと思ったんですが、キッチンはモノが多すぎて、

埋没しちゃうかなと思って置いてませんが、検討中です。

 

ちなみに容器は色んなタイプのものが売っているので、そこは好みで選んでください。

ウチは面倒くさいので近所の東京インテリアで間に合わせてますが、ネットの方が種類は豊富です。

 

ていうか、、、、

「なんだそれ、容器がウソ臭え!」って思った人は、最初から格好良い容器のハンドソープも売ってます。苦笑

 

 


第3位 神棚の照明 & 書斎のクリップライト

3位は照明です。

照明については、新築時に色々考えましたし、

ウチの場合はこれ以上は増やす余地が無いんですが。

2点だけ、後付けの照明があります。

 

1つ目は書斎(向かいのあまり使わない方のデスク)のクリップライトです。

写真だと、非常にイマイチですが。。。焦

クリップライトは、昔から家にあった安価なタイプのものです。

でも、悪くないんですよね。

ていうか、むしろ、良い感じ♪

 

全体としては和風の書斎なんですが、ノートPCもたくさん置いてありますし、

異質なもの同士でマッチしてる感はあります。

以前に玄関でも紹介しましたが、スポットライト系は、無条件に「おしゃれ感」を出してくれるのおすすめです。笑

新築が一発でおしゃれになる5つの設備や工夫

 

あと、もうひとつは神棚の照明。

以前に神棚にコンセントを増設した話を書きましたが、

新居に住んでみた「初日」の感想!この感動は異常!

実は、神棚に灯篭を置きたかったんですよ。

いちおう神様なんで実際の我が家の神棚の写真は貼りませんが、買ったのはこのタイプ。

これは、灯明と言いまして、仏壇の蝋燭(ロウソク)の神棚バージョンみたいなやつらしいです。(ホントか?笑)

僕は無宗教ですし、めっちゃくちゃ信心深いわけではないので「格好良い」という理由で置ていますが、

でも、これ、ホント、めっちゃくちゃ格好良くなるんですよ、超オススメですよ。

写真に撮れないのが残念です。。。

 

第4位 トールタイプのスピーカー

つづきまして第4位は、トールタイプのスピーカーです。

普通のスピーカーよりも文字通り背が高いスピーカーです。

 

音響に興味ない人は、どうでもよいアイテムなんですが、

思ったよりもリビングにマッチしたのでご紹介です。

トールタイプのスピーカーって値段が高そうに見えますが、実はそんなに高くないというのもポイントです。笑

たしか、1本1万円くらいでした。

 

実は、もっと小型のスピーカーで、かつ同じ価格帯で音質の良いものもあったんですが、

これのほうが木質感も出てますし、部屋とマッチしていいかなと思ったんです。

スピーカーを買う場合は(邪魔じゃなければ)トールタイプがオススメです。

 


第5位 モノを片付ける、モノを置かない

さて、第5位は、ちょっと意外なのですが、

単に片付ける、または、モノを置かないという方法です。

 

なぜか、新築時のモノが何もない時の方が部屋が格好良かったというパターン、意外に「あるある」だったりします。

はい、片付けましょう、不要なものは捨てるかリサイクルに出すか物置直行!

片付けるだけで、おしゃれになることって、けっこうあるんです!笑

あと、どんなに「おしゃれ」なアイテムも、あっちこっちに置いてあると効果半減です。

やっぱりスッキリとした背景に、ワンポイントで決めるのが効果的だと思います。

 

オマケ:本棚について

ここで、ふと思ったんですが、これから部屋に本棚を置こうと考えてる人はいらっしゃいますでしょうか?

造り付け本棚でも良いのですが。

悪いことは言いません、本棚には扉を付けた方がいいですよ。

 

本棚って超・雑然とするんですよ。

部屋を一瞬で雑然とさせるミラクルパワーを持っています。笑

リビングとか目立つ位置に置くなら扉付の本棚をオススメします。

 

さもないと。。。

ウチの場合は、僕の書斎と、妻の書斎に本棚があります。

がっ、妻の書斎は、オープンスペースになっており、本棚が丸見え・・・。

 

多分、妻は僕がこっそり本を綺麗に並べ替えていたことに気が付いてないでしょう。苦笑

ちなみに本を種類別に順番に並べるだけで、かなりスッキリします。

 

そして、本がぎっしり詰まってない場合は、斜めにならないようにブックスタンドできちんと立たせます。

ブックスタンドで開いたスペースには、ちょっとした小物を置くのも効果的です。

つーか、これくらい工夫しないと本棚はヤバいですね。

 

オマケ2「見せる収納」

ただ、世の中にはあまりにスッキリした家だと殺風景で冷たい部屋だと感じる人もいます。(うちの母親とか…)

僕にはその感性が無いので(苦笑)理解に苦しむのですが、ごちゃっとした感じが好きだという人も確かにいますし難しい問題です。

 

ごちゃっとした感じが好きだという人の場合、「見せる収納」とか採用する人も多いと思うんですが。

思うに、見せるなら、なおさらセンスが必要ですよね。。。苦笑

 

僕が毎週見てる「渡辺篤史の建もの探訪」でも、見せる収納の家がたまーに出てくるんですが、うーん、微妙。。。

収納家具自体は悪くないんですが、見せ方がイマイチなパターンってありますよね。(個人の好みですけどね)

見せる収納や家具を採用する人は、そもそも見せるセンスも必要だよってことを覚えておくと良いかもしれませんねー。

 

さて、今日はインテリア関係のお話でしたが、いかがでしたでしょうか。

せっかくなら、マイホームは時がたつほど素敵な空間にしたいですからねー。

いろいろ工夫したら、またご報告したいと思います。

ご参考になれば幸いです。