火災保険で「水災」を外した人は台風に注意!




「災害に備えましょう」と言いますが、

実際に災害に遭うと、いくら備えがあったからって気分も落ち込みます。

とはいえ、家が壊れるとか実際の被害が出た時、

火災保険が使えるのが唯一の救いかもしれません。

が、、、今回の台風で、かなり気になることがありまして。。。

 

ウチは高台にあるので、床下浸水とか、床上浸水など、

「水害」は99.9%あり得ないと思ってましたから、

火災保険から「水災」を外したんですよ。

新築時の火災保険が高いのでコストカットした話(スミリンエンタープライズ)

でも、台風で屋根や窓が飛んで、家の中が水に濡れるとか、

そういうパターンは十分にあり得ますよね!?

これ、「水災」ですよね!?

あわわわ・・・。汗

火災保険から「水災」を外すケースってけっこう多いと思うので、

皆さまの参考になればと思い、調べてみました。

 


台風で屋根が壊れて家が雨で濡れた場合は「水災」か?

「これはヤバイ!」そう思ったので、

さっそくスミリンエンタープライズさんに電話しました。

今回、ウチは無事でしたが、次回以降の大型台風で、

もしものことがあったら大変ですからね。

さて、結論から申しますと、電話に出られた担当さんのお話では、

屋根や瓦が壊れて、そこから家の中に雨が入って破損した場合、

あくまで台風による被害として補償の対象とのこと。

ただし、家具や家電などの破損は家財保険の範疇になるようです。

いちおう我が家は家財保険も入ってますのでOKですね。

あぁ、ホッとしました・・・。

 

土砂崩れは「水災」で対象にならない!?

ちなみに我が家は高台に位置しておりますが、

かなり南面が開けているので南風を受けやすいです。

とくに今回の台風はモロに南からの強風を受けました。

そのせいで、軒天が浮いてしまいました。

三連窓も、ちゃんと閉まらなくなってしまいましたしね。

ま、これは以前に書いた通りですが、

風は補償に入りますからOKです。

※ 保険会社さんいわく、「写真を必ず取っておいてくださいね」とのことです。

台風で屋根が飛ぶ被害に対して何を備えろと言うのか?

でも、一つ気になることがあって、

我が家はひな壇になった分譲地にあるんです。

余程、そんなことは無いと思うんですが、

雨でひな壇が崩れて「土砂崩れ」にならないかなと。

一応、万が一ということもあるので聞いてみましたら、

なんと台風による「土砂崩れ」は「水災」に当たるそうです!

おぉ、それは知らなかった。。。

 


あとから「水災」の保証を付けられるのか?

まあ、でも大した傾斜ではありません。

隣の土地とは約50センチくらいの高低差があるくらいです。

崩れそうな高い擁壁があるわけでもありません。

なので余程、問題ないとは思っています。

 

でも、なんとなく気持ち悪いですね。

あとから、なんらかの災害に遭って、

それが不意に「水災に当たりますから補償されません」とか言われたら・・・。

 

例えばパンフの水災に土砂崩れは入ってないですが、

なにか盲点があるのかなと思ったら、

三井住友海上のホームページには、

台風による土砂崩れは水災と書いてますね。

住林の火災保険(三井住友海上)

ということもあるので、

念のため「水災は後から追加できますか?」と聞いてみましたら、

なんと!!

一度「解約」しなければ組み込めないそうです。。。

もちろん、解約すれば残りの未来の分の保険料は返って来るそうですが、

新築割引とか無くなりますし、けっこう「損」な感じですよね。。。

 

「水災」が不要な地域を考える

ちょっと整理するため、もう一度考えてみました。

水災に入らなくても大丈夫な地域はどこか?

 

とすると、やはり高台なら99%大丈夫ではないかと思ってます。(多分)

単純に水は高いところから低いところに流れるからです。

とはいえ、高台でもそこだけ窪んでるとかはNGですよね。

我が家の場合は標高も50M程度ある場所で、

さらに「ひな壇」になっていますので、

水は全て通り過ぎて下に流れて、そこに溜まることはありません。

 

とはいえ、土砂崩れは、なんとも微妙です。。

でも、傾斜の角度にもよるかなと思うのですよ。

それを考えると、我が家は、さほど急ではないと思っているんですけどね。。。

どうでしょうか。

 


土砂崩れが起きやすい傾斜角度

いや、ほんとかなぁ?

と思って傾斜についても調べてみました。

 

一般に傾斜角度が30度を超えると「危険」ということになるらしいです。

さらに傾斜の高さが5M以上だと、たぶん、ハザードマップに乗るレベル。

急傾斜地崩壊危険区域の指定基準は、急傾斜地法等により定められています。
 具体には、次の全てに該当する急傾斜地を、急傾斜地崩壊危険区域として指定することができます。

・傾斜度が30度以上あるもの
・高さが5m以上あるもの
・がけ崩れにより、危害が生じるおそれのある家が5戸以上あるもの、又は5戸未満であっても、官公署、学校、病院等に危害が生ずるおそれのあるもの

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/p929433.html

でも傾斜30度で5Mなら大丈夫な感じもするのですけどね。

(そして上の図は角度が絵的に極端でおかしい。。。苦笑)

 

例えば、過去に自分が「いいなあ」とか思った土地を振り返ると、

それに匹敵するような土地もありましたねえ・・・。

見晴らしがいいので魅力的なんですよね。

我が家も見晴らしがいいです。

でも我が家の場合は、隣地の高低差が50センチくらいで、

幅が12Mくらいなので、角度に直すと「2度」くらいです。

改めて計算してみると全然大丈夫でした。

 

ちなみに傾斜が30度無く、10度や20度の場合、

水による土砂崩れは心配ないそうですが、

地震による地滑りは起こりうるそうですので注意だそうです。

 

それを考えると、

なるべく家の周りに傾斜がない土地を選んだ方が無難ですが、

とはいえ、条件の良い土地ばかりではないと思うので、

我が家みたいにケチらず(汗)、

火災保険はフル装備で加入するのはなおのこと、

新築時の火災保険が高いのでコストカットした話(スミリンエンタープライズ)

いろんな安全対策をした上で購入した方がよさそうですね。。。

ほんと、何が起こるかわからん世の中です・・・。