借金を背負ってまで家を買うなんて異常でしょうか?

さて、今の世の中、というか、ここ数年で住宅ローンが非常に借りやすくなってきてます。

昔はホント、条件が厳しかった記憶があります。

フラット35でさえ、非常に条件が緩和されてきておりまし、さらに固定金利なのにビックリするほど低金利です。

国をあげて、消費を増やしたいんでしょうなあ、と思ってしまいます。

 


都内の3LDK賃貸マンションが杉並区で安くて15万~

しかし、住宅ローンとはいえ借金です。

高額な借金をしてまで持ち家がほしいかと・・・。

そう考える人も少なくないと思うんですよね。

 

実際、都内在住の仕事関係のお客さんとかに話をすると、「35年もローン払うんですか?怖くないですか?すごいですね?」と、ビックリされることがあります。

まあ、都心在住者と田舎在住者では「家」に対する考え方がかなり違いますしね。苦笑

でも、よく考えると、都内にマンションを借りるのだって、けっこうな金額ですよ。

 

例えば、どことなく住みやすそうなイメージのある杉並区の場合。(偏見?笑)

3LDKの築浅のマンションで、安くて15万円くらいです。

安くて」ですからね。苦笑

ま、TVやクチコミで評判の悪い足立区ならもう少し安いかもですが~。

って、そういう僕はサラリーマン時代に足立区に住んでたことありまありすけど、いいところでしたけどね。ホントに。

 

住宅ローンの方が安いという不思議

ま、でも杉並区って僕の勝手なイメージでは住みやすそうなんで杉並区のマンション(3LDK想定)で話を進めます。

引き続き調べますと、高くて35万円くらいみたいなので、平均すると、25万円くらいじゃないでしょうか。

そうすると、自分の場合、関東郊外の一軒家ですから、「あれれ、住宅ローンの方が安いじゃん?」って感覚になっちゃうのです。

ちなみにウチは現在、正直な話、恐怖のダブルローン状態ですから、上記金額以上の出費です。。。

売却または賃貸が決まるまで超キツイですけど(泣)、でも、そもそも杉並区のマンションに住むとなれば平均で25万くらいになるワケです・・・。

都内恐るべしです…。

 

でも実際、僕の場合は都内に住んだ方が仕事に断然有利です。

すぐに客先に行けますからね。

なので、田舎暮らしをやめた時、都内に住むことも一瞬だけ頭をよぎりましたが、妻の勤務先のこともあるので今の住所に落ち着いています。

でも、都内に住んだ気になってみれば、住宅ローンも(ダブルローンでさえ)目が飛び出るような金額ではないということなんですよね・・・。

 


「住宅ローン=借金」という感覚がない不思議

不思議なことに、住宅ローンって、「借金」という感覚が希薄です。

誰もが利用しているからでしょうか。

芸能ニュースなんかで芸能人が家を買うという話を、たまに耳にしますが。

意外にもキャッシュで買ってるかと思いきや、住宅ローンだったりするケースもあります。

そういうのもあって、心理的ハードルが低いのかもしれません。

「なんだー、芸能人でもローン組むんだねー」みたいな。

例えば、仮に「土地付きで5000万円の新築」とか、住林なら普通でしょうか?

さらっと住宅ローンを組む人の心理には、次のような計算があったりするのでしょうか?

例えば、共働きで、夫婦それぞれ手取りで500万円ずつ稼いでいるとします。

夫婦どちらかの収入を丸ごと貯金すれば、10年で返済できるぞ!

みたいな。笑

ここまで楽観的であれば、住宅ローン=借金って感覚は薄くなりますよね。

 

ソレって不動産屋さんの常套句ですけどね

実は、上のような話って、不動産屋さんとか、ハウスメーカーさんと話すと、たまに出てきたりします。

住宅ローンが心配なんですよって言うとします。

そんな時に営業マンはこういうのです。

 

(1)賃貸より安い月額ローン金額で、家は自分の所有になるのだから買った方が得ですよ

(2)しかも、都内でマンションを借りると住宅ローンの2倍ですよ

(3)共働きなら、どちらか片方は生活費、もう一方が住宅ローン支払いに専念すれば10年とかで短期返済可能ですよ

 

でも、これってウソじゃなんですよね。

非現実的かと言えば、さほど、でもないです。

「買いたいけど、ちょっと誰か背中を押してくれないかな」って人にとっては、ものすごく頼もしい一押しになりますよね。苦笑

 


そもそも「借金をしてまで欲しいもの」だから買うんだろうなあ・・・

思うに。

住宅ローンだろうと、マイカーローンだろうと、消費者ローンだろうと。

借金の種類は横に置いておいて、「その人が本当に欲しいと思うかどうか」だなって思いました。

「借金してまで欲しくない、買うなら現金だ。貯金がたまるまで待つ!」

って言う人もいます。

でも、そういう人はきっと、そこまで「すぐに欲しい」という気持ちがないだけだと思うのです。

本当に欲しかったら、たぶん、ローン組んででも「すぐ」欲しいんだろうなと。

世の中っていろんな人がいて、さほど裕福とは言えない人でも、車が超・大好きだからローンでフェラーリー買っちゃったとか。苦笑

そういう人もいますよね。

アニメとかフィギュアとかのマニアックな世界に、恐ろしいくらいのお金をつぎ込んでいる人もいます。

借金している人もいますよね。

趣味の世界へのお金のつぎ込み方って他人じゃ理解できないですからね。

 

それを考えると、家が欲しいんだって寝ても覚めても考えてるくらいなら、それはもう「住宅ローンの恐怖」を、「マイホームの夢」がはるかに超えています。笑

なので、そういう人は住宅ローン組んで買っちゃった方がいいんじゃないの?って思います。(僕ですね)

でも、ローンの恐怖にかなり悩んでるなら、多分それは、絶対に買わない方がいいのだと思います。

本気で買いたい人は、どこかで吹っ切れますから、自分の中の心境の変化を気長に待てば良いと思います。笑