一番の恐怖は物置が飛んで自分が加害者になること(物置の台風対策)




今日もまた台風15号など、

被害台風の時に参考になりそうな話題です。

以前にも書きましたが、

今回の台風は今までに経験した台風で最恐でした。

台風で屋根が飛ぶ被害に対して何を備えろと言うのか?

何が怖いって、台風で家が壊れて死ぬんじゃないかとか、

そういう怖さはまったくなく、

家が壊れてその破片が飛んだり、

とくに庭の物置などが飛んで

他人様にケガや被害を負わせるのではないかと、

言わば「自分が加害者になるのではないか?」と言う恐怖です。

 


物置が台風で倒れるという苦い思い出・・・

物置みたいな重いものは、

余程のことがない限り「風」なんかで飛ばない

と思っている人は甘いです。

いや、甘すぎます!

簡単に吹っ飛びます。

前に住んでいた積水ハウスの家のカースペースに置いておいた物置が、

台風で倒れて車がへこんだことがあるのです・・・。苦笑

以前にブログで書きましたね。

物置を選ぶ際に重要なのは「サイズ」より「配置」だと思う

小さな物置だから、そりゃ倒れるよ、

と思うでしょうけども、重量ブロックとかの「重し」になるものは、

物置の中にたくさん入れておいたんですよ。

しかも、その時は隣に置いてある大きな物置(上の写真)でさえ、

アンカーもしてあるのに、土台からズレちゃうんですからね。

台風って恐ろしい破壊力なのです。

 

今回もまた土台からズレましたよ…「まさか」ですよね…

そういうわけで経験上、台風は非常に怖いと思っています。

でも、今回は台風が来る前は「大丈夫だろう」と思ってたんです。

引っ越す前に2つの大きな物置に入れていた、

タイヤやらキャンプ用品やなにやら、

全部1つの物置に入っているわけですからね。

↓スカスカに見えますが、隠れてる方にギッシリ入ってます。

結局、台風の通過前後は、ものすごい大音響と振動だったので、

もしかしたら物置が・・・、なんてビビってましたけど。。。

 

結果、明け方明るくなって物置が飛んでなかったのはホッとしました。

でも、喜ぶのはまだ早いって感じで、

はい、今回もまた思いっきり土台からずれてます。。。

こんなデカい物置が動くんですから、めちゃくちゃ怖いですよ。。。

アンカーも曲がってますしね。

土台から位置がずれて、

隠れていたブロックの上面が見えちゃってます。。。

ようするに、、、

物置が風を受ける面積に比べて、

中に入っている荷物の重さが足りなかった、

ということかもしれません。。。

幸いにも物置そのものは飛びはしませんでしたが、

改めて風の力と言うのが良くわかりました。。。

 


アンカー工事だけでなく追加工事でワイヤーも

今回の台風を受けて、ワイヤーを張ろうか検討中です。

実は先ほどの積水ハウスの時の物置にもワイヤーを張ってます。

これは通常のアンカー工事とはまた別で施工する必要があります。

通常、アンカー工事と言えば、スチール製の金物です。

先ほどの、これです。

ワイヤーの工事は、この金物とはまた別になります。

ちょっと記憶が定かではないですが、当時2~3万円くらいだったかなあ。。。

でも、被害のことを考えると安いものかもしれません。

これで、飛んで行ってしまうリスク(被害額)が、かなり軽減されますからね。

 

ワイヤーとかボルトは緩むので定期的にしめること!

あと、ワイヤーを張ったから大丈夫かと言うと、

いえいえ、そうでもないので要注意です。

案外と放置されてるパターンがありますが、

ワイヤーって緩みますからね。

定期的なチェックが必要です。

 

同様に物置本体のボルト類も緩みますからね。

物置も隅々を見るとボルトで組み立てられてます。

先ほどの曲がってしまった金物のアンカーのボルトも、

すでに緩んでましたからね。。。

物置の内や外から見えるボルト系も、

定期的に締めておきましょう。

じゃないと、下手したらバラバラになってしまいます。

 


台風前には重いものを置いておく

物置をカッチリ固めたら、

今度は荷物を詰め込んで物置自体の重量を増やしてやることが必要です。

もしかしたら、それだけでもけっこうな台風対策になるかもしれません。

(風で物置の屋根や壁面が壊されない限り)

僕がオススメする物置の増量対策は、ポリタンクです。

以前は重量ブロックを買ってきて物置の中にたくさん配置していたんですが、

たくさん買ってくるのも重労働です。

そしてそれを配置するのも重労働ですしね。

 

であれば、軽いポリタンクをたくさん買ってきて、

物置に格納する際は、そこに水を満杯に入れるのです。

そうすれば、断水の時の生活用水

例えばトイレの水などの対策にもなりますし一石二鳥です。

先日、ホームセンターに行ったら台風15号のためポリンタンクが売り切れだったので、

もう少ししたら準備しようかなって思っています。

 

物置は施錠しましょう!危なかった・・・。

あともう一つ、台風の時に気を付けなければならないのは施錠です。

ロックだけじゃなくて、鍵も閉めること。

物置とか窓や扉関係、全てにおいて当てはまるのですが

施錠してない扉は風でやられます。

 

ドアや窓を開けっ放しにしちゃったり、

田舎など施錠に無頓着な環境の人は気を付けましょう。

物置に限らず玄関ドア、テラスドア、すべり出し窓

施錠しないと下手したら風で持っていかる可能性が大きいです。

物置も、まあ種類に寄るんでしょうけど、、、

ふとした衝撃でカチャっと開いてしまうことがあります。

 

とくに台風の時は、物置の中のものが落ちてきたりして、

内側から扉に当たって衝撃で開いてしまうこともあるでしょう。

我が家の物置も台風直後に見てみたら、

上の棚に置いてあったクラ―ボックスが全部落ちてました。

突風の衝撃で物置がズレて、そのはずみに落ちたんでしょうね。

または物が飛んできて、台風の扉の取っ手に当たって、

扉が開いてしまうかもしれません。

なので、ロックだけでなく、施錠も絶対に必要なのです。

 

これだけ守れば100%大丈夫とは言えないでしょうけど、

やることはやったという安心感は得られると思います。

「そこまでする必要は無いよ、あはは♪」とか言われても、

断固として防災に心がけましょう!