なぐり調フローリングと格子スクリーン登場!(ついに竣工!)

ついに、お盆休みも終わりましたねー。

今年のお盆は、いわゆる「初盆(新盆)」ということで帰省中はいろいろとバタバタしたのですが。

今年に限って仕事がお盆にまで入り込みまして、ブログもほとんど書けませんでした。苦笑

さて、前回は「工事の様子シリーズ最終回」なんて書きましたが、最終回はまだ先で「引き渡しの日」でしたねー。

なので、本ブログを含めて、あと2回あります、スミマセン。。。

歩道切り下げから基礎工事途中まで

2018.04.15

基礎工事完了から棟上げまで

2018.05.27

きづれパネルは本当に頑丈なのか?(構造立ち合いの話)

2018.06.02

軒天の色と電気工事など(生産担当さんは最後の砦?)

2018.06.08

屋根材の質感と断熱材の収め方(ラス工事も始まった)

2018.06.18

ラス工事、天井工事(オマケでニッチのご紹介)

2018.06.24

モルタル工事とシステムバス工事(ユニットバス登場!)

2018.06.28

フローリング工事と床暖房工事(階段もついた!)

2018.07.02

シーサンドコート(ブラウン)登場! ついに吹付工事完了!

2018.07.16

家の外観を公開(ついに足場解体!)

2018.07.26

北側の窓でも明るい!(壁紙工事と和室の建具搬入)

2018.07.30

間接照明、モザイクタイル登場! そして、これがあの住林の立水栓かっ!

2018.08.06

 


さっそく格子スクリーンがお目見え~♪

というわけで、ついに我が家も「竣工」となりまして、「竣工立ち合い」に行って参りました。

お盆休みの帰省中も、「まだかまだか」と楽しみにしていた本当の最後の立ち合いです。

最後の立ち合いなので、いちおう「家のチェックをしないとなあ」、なんて思ってたんですが。

とはいえ、チェックするよりも「感動」と「嬉しさ」でチェックどころではありませんでしたが。笑

 

さて、まず最初に玄関に入ります。

建具の養生も外されて、いい感じの「和」の玄関ホールとなっておりました。

そして、ふと玄関ドアを振り返りますと。。

はい、格子スクリーンです!

ついに住友林業「三種の神器」の最後の一つが取り付けられました。

住友林業の家の「三種の神器」3種なのに4つある謎

2018.01.24

ちなみに右側にちらっと見えるのは玄関ドアなのですが。。。

玄関ドアも養生(緑の住林カバー)が外されていたんで紹介したいんですが、あれーーー!?

玄関ドアの写真が全然ない!

ていうか、家に帰ってみると写真がすごく少ない!

嬉しすぎて写真を撮り忘れるということに気が付き、もう何やってるんだかって感じです。。。苦笑

 

なぐり調フローリング、ついに登場!

さて、玄関にはいってLDKに入りますと。。。

ついに来ました、待望の「なぐり調フローリング」です!

養生が外されてフローリングが見えると、こんなにイメージが変わるんですねー。

そして「なぐり調」ですので、木目もしっかり出ていて、こちらも想定通りの「和」な雰囲気になっております!

ちなみにテレビボードの前にちょこっと置いてある「板」は余ったカウンター材でして。

とある場所に使おうと思ったんですが、その話はまた後日。

 


「掘りごたつ」も登場してました! でも、しまっとこう。(苦笑)

さて、ふと客間に目をやりますと。

こ、これは!?

そうです、「掘りごたつ」です。

まだ養生されていて写真の色的にもわかりにくいんですが、いちおう「木調」の座卓になっております。

使わないときは穴の中にスポッと納まるようにできております。

とりあえず、引っ越しとかでバタバタするので引き渡しの時は「格納しておいてください」と伝えておきました。

「そのまま使わなくなったらどうしよう…」と、少々不安ですが。苦笑

 

床の間の置床、書斎のチェスターフィット

さて、そんな客間ですが。

床の間を見ますと、「置床」が設置されておりました。

この黒いテカテカした板みたいなのが「置床」というものです。

ここには「花」とか、なんらかの「オサレなもの」を飾る予定となっております。

そのために妻がフラワーアレンジメントを習っておりますので、乞うご期待です。笑

 

客間の隣の書斎に入りますと、ついに下側の本棚も取り付けられておりました。(今まで上だけでした)

これだけあれば、たくさんの本や書類が収納できそうです。

あと、窓枠がカウンターとつながっているのもナイスですねえ。

 


キッチンはデリシアが登場!洗えるレンジフードは?

さて、お次はキッチンです。

キッチンと言えば、今まで養生されてましたが。。。

はい、そうです、施主支給したデリシアがついにお目見えです!

とくに自分がデリシアをガシガシと使うわけではありませんが。苦笑

そんな自分が何にこだわったかというと、このガラストップです。

ミラー(鏡面)になっております。

これだけの為に、デリシアを選択したといっても過言ではありません! (それは言い過ぎ。笑)

もちろん妻としても機能的にデリシアを希望していたので問題なしです。

さらに、デリシアは施主支給で普通にメーカーから買うと、「お得」かつ「サービス」が山盛りなのです。

施主支給でコスト削減する

2017.10.05

東京ガスのガス展にデリシアを見に行く

2017.11.07

あと、今日は東京ガスの担当さんも来ていて、ガスの立ち合いをしたのですが。

デリシアに火が入ると上の換気扇(洗えるレンジフード)も連動して回ったんですよね。(たぶん)

「すごいな!」と思ってレンジフードの写真を載せておこうと思ったら写真が無い。。。苦笑

というわけで、またの機会にご紹介しようと思います。

 

プリーツスクリーンも設置されていたんですけどねえ・・・

さて、そういえば今回の住林さんの新居にはカーテンが存在しません。

全部の窓が、プリーツスクリーンまたはブラインドです。

それはなぜか?

うちのタヌコさんがカーテン大好きで、いつもカーテンにくるまっているのでカーテンがちょっと「おしっこ臭い」ので、カーテンやめました

あ、いやいや、スミマセン、嘘です。

小学生みたいに「カーテン大好き」で「おしっこ臭い」のは事実ですけど、だからと言ってカーテンを辞めたわけではありません。

IC(インテリアコーディネーター)さんのご提案にカーテンがなかったので、「それも面白いなー」ってことで、その提案をそのまま採用しました。

そのプリーツスクリーンがこちらです!

って、天井に彫り込んである部分にプリーツスクリーンが見事に格納されております。

「いやいや、プリーツスクリーンが開いてる写真を出しなさいよ」って感じですよね。

はい、またしても写真を撮り忘れました。。。苦笑

かろうじて、2階の寝室の小さい窓に取り付けた小さい(レース無しの)プリーツスクリーンの写真だけありました。

こちらも天井の掘り込みにメカ部分が収まるようにしています。

というわけでLDKの大窓、1階2階の三連窓のプリーツスクリーンは次回のお楽しみということでご了承下さい。

 


階段の手すりも設置されておりました

さて、次は2階に上がりましょう。

前回までは未実装だった、階段の手すりも設置されておりました。

青い壁紙とのコントラストもいい感じです。

この青い壁紙は木調の部品と非常によくマッチしてます。

(ちょっと写真が微妙で色がわかりにくいですが)カバーが木調になっている階段照明ともマッチしております。

 

寝室と栗の無垢フローリング

2階に入りますと目に入ったのは、栗の無垢材のフローリングです。

前にも書きましたが、栗は縄文時代から日本で使われている材料でして、大好きな木の一つです。

生産担当(現場監督)さんも「栗は木目が奇麗なんですよー」とおっしゃってましたがホント素敵です!

このように寝室の畳の周りにぐるりと配置しました。

このフローリングの四隅の部分は、大工さんの工夫で交互に床材を組み合わせて頂きました。

四隅だけ「ヘリンボーン」チックになっているんですが。

って、これも写真がコレ(↓)しか無いことに気が付きました。。。苦笑

肝心な部分がほとんど見えてないじゃないくぁ!

というわけで、これもまた次回、ご紹介しようと思います。苦笑

 


お風呂もまだ一部養生されていたので次回かな?

さて、栗の無垢フローリングの妻の部屋の写真も撮り忘れたので、次はお風呂。笑

うちのバスルームは妻の要望でTOTO(サザナ)にしたんですが。

営業さんもTOTOをオススメということなんですよね。

でも、個人的にはデザインだけ見たら他のメーカーの方がいいかなと思ったんですよね。。。

 

とはいえ、こうして床などの養生が外されると、おぉ、かなり良い感じではないか!

想定していた通りの、モノトーンによるシックな雰囲気が出来上がりました。

ただ、ミラーのところはまだ養生されており、これまた次回以降に、お風呂の詳しい紹介をしたいと思います。

 

ところで、さすがにウチの場合、これでもかと「こだわり」を投入したためか、まだ一部の部品が入荷されてないようでした。

玄関照明とか「部品待ち」だそうです。

ですので、本当の「完成」は引き渡しの日のお楽しみとなりました。

まだあと1週間ちょいありますし、またしても待ち遠しさで体が震えます。苦笑

ここまで楽しみな気持ちになったのは、ホントに子供の頃以来かもしれません!

 

シーサンドコートも調整してくれました!

さて、最後に超・嬉しいお知らせ!

以前にちらっとご紹介した外壁のシーサンドコートのムラ。

若干ですが、格子状になってしまっているのですが。

濃い目のシーサンドコートだと「やむを得ないかな」と思っていたんですよねー。

ネットを調べると、同様のオーナーさんもちらほらいました。

なので、あまりに家に感動したこともあり、「構造に問題ないし、この程度なら仕方ないかもねー。」とニヤニヤしながら妻と話していたくらいでして。笑

いや、ほんと、この「ウレシ、タノシ」の幸福感は色んなネガティブをマヒさせてくれます。

 

でもでも、さすが住林さんです!!

なんと再塗装で調整して頂きまして、まったく目立たなくなりました!

当初はパッと見てわかるレベルだったのですが。

これなら言われないと絶対にわからないレベルです。

正面から見たら全然わかりません。

むしろ、とっても「いい感じ」になっております。笑

そういえば、積水ハウスの時も引き渡しの直後は、どんな細かいことも対応してくれたことを思い出しました。

こういう「バッファ」の大きさと言いましょうか。

この対応力が、さすが大手パワーです。。。

 

次回はいよいよ「引き渡し」です!

というわけで、竣工立ち合いは、あっという間に2時間も過ぎてしまいまして。。。

いろいろとチェックしないといけないなと思ってたんですが、ほとんどチェックできず。苦笑

なぜなら、あまりに感動して見とれてしまったからです。

その証拠に写真も全然取ってないことに気が付きまして、帰り際にパシャパシャと撮る始末。苦笑

なので残りは、引き渡しの時にご報告しようと思います。

その後、いろいろ手続きが終わって落ち着いたら、入居前WEB内覧会をやりたいと思っています。

それでは、お楽しみに!