なぜ住友林業で4回目の家を建てることになったか?

積水ハウス マキシオ




今回は、なぜ積水ハウスの3階建て(マキシオ)の我が家を離れることになったか。

そんな話を書きたいと思います。

住林さんで建築が決まりましたが、それまでの経緯について少しお話しします。

 


家は3回建てないと理想の家にならない

『 家は3回建てないと理想の家にならない』といいますが、そんなことはありません。

よく勉強して、希望をハウスメーカー(または大工さん)に伝えれば、理想の家は作れます。

自分も今回の住友林業の家で4回目なのですが、1回目の家は、いきなり、理想に近いものになりました。

外構工事の費用の相場(350坪の庭プラン)

2017年8月25日

 

え?「理想に近い」?

完璧じゃなかったの?

まあ、何事も完璧は不可能です。

だいたい満足だったら、一般に「家づくりは成功」と言って良いのではないでしょうか。

ほぼ理想の家と言っても良いのではないかと思います。

それに、未完成部分を残しておくのも、住み始めてからの「お楽しみ」にもなりますしね。

実際、1軒目の家は毎年というくらい、手を加えていって、徐々に完璧に近づけていきましたし。

こだわりすぎのマイホーム(大工さん編)

2017年8月5日

 

新築時に一番重要なのは家じゃなく土地!

しかし、落とし穴はあります。

それは土地です!

今回の失敗の理由は「家」じゃなかったんです!土地なんです!

最初は家が悪いと思っていました。

でも、家って言うのは、土地の形状によって左右されるもので、

その依存度は8割くらいあると思うんです。

土地選びは大切だというのは、なんとなくわかっていたのですが、

当時は少し軽く考えてしまっていたのかもしれません。

 

ところで、1回目のマイホームは、自分一人用の家でした。

ふと思い立って、脱サラして独立開業するのと同時に田舎暮らしを始めたのですが、

その時は350坪の敷地に20坪程度の平屋を建てたのです。

建ててくれたのは地元の大工さんですが、はっきり言って、ほとんど希望は出さずにお任せでした。

それでも、ほぼ理想の家になったのです。

これには(今思えば)土地の要因が非常~に大きかったのですが、

その時は、そんなことは知る由もありませんでした。

 


田舎から都会に出て感じる不便さ

2回目のマイホームは、積水ハウスの3階建てを、妻と二人暮らし用として建てました。

田舎から街に出て、賑やかな土地を購入しました。

広さも50坪程度で、田舎暮らしの時の350坪から比べたら、半分の半分の半分という、とても狭いものでした。

(絶対的には狭くはないのですが、1軒目と比較すると狭いという意味です。)

 

でも、街ですから、徒歩圏内にコンビニ、JRの駅、ファミレス、本屋、DVDショップなどなど、なんでもあります。

狭くても、利便性を考えれば、十分にバランスが取れると思っていました。

実際、本当に便利です。

だって、田舎暮らしの時は、コンビニに行くのに車で5~10分くらい走りましたからね。苦笑

 

3階建ては思ったより住みにくい

そもそも土地が狭いということもあり、いろいろ考えました。

しかし、家を3階建てにして、庭を有効活用したつもりだったのですが、それでも車を3台置くと庭では何もできません。

土もないし、芝生もないクローズ外構でもないので、犬たちも放せません。

眺めの良い3階建てでしたが、眺望は確かに良いんです。

富士山も見えますし、夏は花火も見えます。

 

でも、3階建てに慣れてない自分にとって、その住みにくさは予想を超えていました。

フロア間を行ったり来たりするのは面倒ではないし、階段も疲れたりはしないのですが、無意識的にフロア間の壁を感じるのです。

結果的に、ワンフロアの時よりも家の中で歩く時間がへりました。

平屋のときは1時間仕事をしたら、庭をブラブラしてましたが、今はもう半日座りっぱなしです。

一日で、犬の散歩のときくらいしか、外に出なくなってしまったのです。

バルコニーも騒音と排ガスだらけで、長居してボーっとするようなスペースでもありません。

閉塞感で、ストレスがたまり病気になりそうで、だんだんと嫌になってしまったのです。。。