災害時のリフォーム詐欺・犯罪に注意(つーか許さん!怒)




先日のお昼くらいでしょうか、

家の電話によくわからない番号から電話がありまして。。。

僕は基本、知らない番号からかかってきた時は、

気が向かないと出ないんです。(家の電話も携帯も)

 

だって、99.9%大事な電話じゃないことはわかってますしね。

それに、大事な電話なら留守電に残すだろうし。

 

でも、例え営業の電話でもちゃんと対応しますよ。

ハッキリと丁寧に「不要です」って伝えます。

「この時期に、かけてくるんじゃねえよ!」なんて、

例え心の中で思っても言ってはいけません。

だって相手も善意かもしれないでしょ?

 


怪しい電話は出ずに「電話番号検索」しましょう

というわけで、今日のお昼。

なんだか電話鳴ってるな、番号どこかな?

ん、、、知らんなぁ、、、仕事忙しいし今回は無視しよう。

 

でもね無視しても、いちおう電話番号検索はするんですよ。

こういう電話番号検索サイトがある事、ご存知ですか?

https://www.jpnumber.com/

ここで、番号を調べましたら、

はい、案の定、リフォーム業者でした~。。。

正直、ちょっとイラっとしましたけどね。苦笑

でもね、もしも自分が古い家に住んでて、

この台風で屋根を破壊されて、

すぐに直してほしいけど家を建てた工務店の社長も高齢で営業してるかわからない、

近所の業者は手がいっぱいだし、

「誰でもいいから直してほしい!」

って状況だったらどう思うか?

 

そんな時は、例え営業の電話でも、ちょっと嬉しいかもしれませんよね。

これ、考えさせられますよね。。。

逆を言えば、「弱みに付け込まれやすい状況」になってますよね。。。

つまり、リフォーム詐欺や犯罪に巻き込まれやすい状況です。

 

ボランティアなのか悪徳業者なのか区別がつかない問題

実際、今回の千葉県で被災したお家に住んでいる人たち。

ボランティアや健全な業者さんにブルーシートをかけてもらった人もいるでしょう。

金額は、まあ状況にもよるでしょうが、ボランティアであれば無料

健全な業者であれば数万円~10万円くらいらしいですね。

 

正直、「ブルーシートをかけるだけでけっこうな金額だな」と思いましたが、

危険手当的なものや、プロなりの特殊なやり方もあるんでしょうね。

時間も人手もかかる事でしょうし、その金額は仕方ないのかもしれません。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-00000022-sph-soci

でも、何も知らず初めての被災で、適正価格で、

「ブルーシートかけますよ、はい10万円」とか言われても、

健全な業者なのか悪徳なのか見分けがつきませんよね。

ぼったくりなのか、安いのか判断が付きません。

これ、難しい問題ですよね。

 


悪徳業者は絶対に見積書を出さない

なので、もしも業者に依頼する場合は、

絶対に最初に見積もりを取ることです。

必ず書面で。

積算書も作れない、用紙も持ってない業者なんていませんので。

 

「田舎だし積算書みたいな律儀なことしないよ!」

ってパターンもあるでしょうけど、

騙されたくなかったら、そういう業者は避けることです。

そして可能ならば、その積算書を近所の職人さんか、

または同じ被災者で別で見積もりを取った人にも見せたりして、

妥当な金額かどうか確かめた方がいいですね。

 

強引にグイグイと押してくる業者はたいがい悪徳

そういえば以前に悪質な中古品の買取業者が、

僕の実家の高齢の母のところにやってきたことがありました。

 

なんと、庭に落ちてるゴミ(割れた植木鉢)を「買い取る」とか言ってきて、

なかなか帰ってくれずに困ったそうです。

「家の中を見ますよ」とか言ってきたけど、

なんとか拒否したそうです。

危なかったですね。

 

悪徳業者は相手を見ます。

ちょっと話しをして、相手が会話にのって来たなと思うと、

ナメてかかってきて急に図々しくなります。

さらに気が弱そうだと思えば、強引なことをしてきます。

 

今回だって、屋根の様子を見るとかなんとか言って、

強引に屋根にのぼり、勝手にブルーシートを雑に張って、

大金を請求するとか、そういうヤツもいたらしいです。

とにかく人の話を聞かず強引にグイグイと押してくる人は、

怪しいと思った方がいいですね。

 


災害時は空き巣や泥棒が確実に増える

災害時、とくに家屋が破壊されるような規模の災害の場合、

必ずと言っていいくらい出てくるのが空き巣(泥棒)です。

今回も何軒か空き巣の被害にあった被災者がいるようです。

 

でも、普通に考えてください。

家が壊れているんだから、簡単に侵入できちゃいますよね。

非常事態だからって食料などの買い出しのために家を空けたら、

空き巣の格好の餌食になります。

誰かに留守番してもらうとか、ご近所さんと連携して、

いつも以上に気を付けなければなりません

 窃盗事件も台風が県内に上陸した9日から13日までの間に7市で計11件発生。袖ケ浦市では10日に台風の影響で壊れた店舗の出入り口から何者かが侵入し、売上金100万円以上が盗まれる事件が起こった。木更津市でも水や食料を買いに出かけている間に空き巣に入られ、現金2万円などがとられる被害があった。

https://www.sankei.com/affairs/news/190917/afr1909170034-n1.html

我が家もエアコンが使えないからって、

夜に寝る時も窓を開けっぱなしにしてましたが、

正直怖かったですね。(隣家も窓を開けてましたけどね)

 

外出する際も停電でセコムのセンサーをセットできませんから、

なるべく家を空ける時間は少なくしてました。

財布などはいつも身に着けてましたしね。

 

なので、災害時の空き巣には、いつも以上に注意するべきです。

災害時には確実に空き巣は増えますからね。

これはもう過去の事例から明らかなことですので。

 

信号機の発電機を盗んだバカがいる

そんな中、ものすごーく腹が立った盗難事件が起きました。

先日ブログで書きましたが、

近所の停電で止まった信号機に、

警察の人が発電機をセットして信号機を復活させた話を書きました。

台風15号で千葉はず~っと停電・断水が継続中なんですけど、知ってますか?

なんと、この発電機を盗んだやつがいるらしいのです。

遠目だったので、よくわかりませんでしたが、

チェーンを付けて盗まれないような工夫はしてたみたいですが・・・。

信号が無いから皆さん譲り合いの運転をしてるからって、

みんなが安全運転の人ばかりじゃないですからね。

停電信号機の発電機 盗難相次ぐ

今も広い範囲で停電が続く千葉県内で、停電した地区の信号機を動かすために警察が設置していた非常用発電機が盗まれる被害が相次いでいたことがわかり、警察が盗みの疑いで捜査しています。

台風15号の影響で、千葉県内では今も広い範囲で停電が続いていて、これらの地区では警察が停電の影響で消えた信号機に非常用発電機を設置して動かしています。
こうしたなか、警察によりますと今月15日の夜、広い範囲で停電が続く山武市内で、信号機に設置していた非常用発電機数台が相次いで盗まれていたことが分かりました。
警察によりますと非常用発電機は信号機の下に設置していたということです。
警察によりますと、停電が続く地区ではこのほかにも休業している店舗や事務所などを狙った盗みなどの被害が、17日までに11件確認されているということで、警察は捜査を進めるとともに、店舗や家の戸締まりをしっかり行うよう、注意を呼びかけています。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/20190918/1080007725.html

実際、ウチの近所の交差点でも大事故が起きましたし、

子供がはねられる事故だって起こっているんです。

信号が無くなれば確実に交通事故は増えるんです。

それを知ってか知らずか、本当に酷い犯罪です。

 

まとめますと、こういった災害時には、

悪徳業者や犯罪集団は「チャンスが来た!」と思ってることを知った方がいいです。

東日本大震災でもそうだったですよね。

 

とても残念なことですが人の弱みに付け込む人って確実に存在するんです。

だからといって無暗に「人間」に失望する必要はありませんが、

そういう人が一部いると知って、淡々と防災を怠らない姿勢は必要だなと思います。