リッツウェルに行ってきました(おしゃれなソファを発見)

先日、ついに設計さんイチオシの家具メーカー「リッツウェル」に行ってきました。

カリモクから飛騨産業、柏木工、シラカワなど、いろいろ「家具メーカー巡り」をしてましたが、リッツウェルで一通り周ったかなって感じです。

家具メーカーに行ってきた(柏木工、日進木工、シラカワ 編)

2017.12.08

家具メーカーに行ってきた(飛騨産業 編)

2017.12.06

【家具選び】飛騨産業 VS カリモク

2017.12.01

3月にまたインテリアフェアがあるそうですが、その時までには購入する家具を確定させたいなーと思っています。

 


我が家の家具事情

ところで我が家の家具事情ですが。

新居に引っ越すにあたり、家具を購入せざるを得ない理由があります。

今のLDKにあるソファは今のLDKにしか合わないようなサイズ&形状のもので、新居に持っていけません。

そして、ダイニングテーブルはそもそもありませんから、買わなければなりません。

てういか、ダイニングテーブルは元々はLDKに置いてあったのですが、部屋を広く使いたいので捨ててしまったのです。

なので、高さ調整の出来るリビングテーブルを、ダイニングテーブルとして兼用しているような状態なのです。

 

あと、住林では「なぐり」の床を採用予定なので、今使っているキャスター付きの椅子は持っていけません。

ミーティングスペースのテーブル&チェアセットも、テイストが「洋」なので、住林の「和」には合いません。

というわけで、今回はいろいろと揃えなければならないのです。

 

そろそろ価格の高さは納得してきた

とはいえ、そもそも自分があまり家具に興味がないこともあり、足りない家具はニトリとか通販とかで揃えようと思っていました。

ハッキリ言って最低限のデザインと機能性しか家具に求めていなかったのです。

インテリアフェアに行くまでは。苦笑

住友林業インテリアフェア攻略法?

2017.08.12

ましてや、ソファに70万とか、天地がひっくり返ってもあり得ないと思っていたくらいです。笑

あと、ただの椅子で8万とか。

当初は理解ができませんでした。笑

だって、ウチのミーティングルームにおいてあるターコイズ色の椅子。

これを買う時に、9000円くらいだったんですが、「なんて高いんだ!」って思ったくらいですからね。苦笑

でも、もう慣れました。

慣れたというか、高い理由ってのは、わかってきたかなと。

それなりに良いモノだから、それなりの金額なんだねって思うようになってきました。苦笑

 


久しぶりに都内、しかも青山て・・・

リッツウェルの東京ショールームの場所を調べるとなんと南青山。。。

非常に躊躇する場所です。

場所的に「お高い」感じというのでしょうか。苦笑

ていうか、それよりもなによりも、普段は田舎の道ばかり走っているので、都内を車で走るのって怖いんですよね。

広い道だと5車線とかあったり、わかりにくい3車線の三差路とか、かと思えば、めちゃくちゃ狭い道とか。。。

なので最初はバスで行こうと思ったんですが、AMに別件があり、15時に予約しちゃったからバスだと間に合わないってことで車で行ってしまいました。

でも、それが失敗でした。

残雪と、この狭い道。。。

リッツウェルの建物は、大通りから1本入った通りです。

都内って、ちょっと大通りから奥に入ると道がめちゃくちゃ細いんです。

しかもコインパーキングも超狭くて、なんとかかんとか奥の方に残雪いっぱいの自走式のパーキングを見つけました。。

ハアハアゼイゼイ。。。

次はバスで行こう。。

 

リッツウェル発見!やっぱ家具メーカーらしくおしゃれな建物

というわけで、遠くのパーキングに車を停めまして、数分くらい歩いてついに発見。

最初はウッカリ通り過ぎちゃったんですが、見つけました、リッツウェル。

でも、なんでロゴは赤い「R」なんでしょうね。

赤いRって、楽天かレッドリボン軍かって感じですが、まあとりあえず建物もすごくおしゃれですしOKとしましょう。

中に入りますと、受付があり、担当の方がついて説明してくれます。

今まで行った家具メーカーのショールームの中で一番丁寧な接客でした。

場所も店内の雰囲気も接客も、設計さんのおっしゃる通り、ワンランク上の感じがしました。

 


「リヴァージュ」・・・書斎用チェアの候補

まず最初に目に入ったのは、こちらの椅子。

「リヴァージュ」です。

インテリアフェアの時にあったようななかったような、でもじっくりと見ると、「うーん、格好いいな」って素直に思っちゃいました。

機能面でも、座面に切り込みが入っていて、お尻が滑りにくいという仕組みになっていたり、座り心地もとても良いですね。

 

書斎には、当初、カリモクのこんな感じの椅子を考えてましたが。。。

リヴァージュを書斎用にしてもいいかなって、ちょっと思いました。

足も、カリモクのはキャスターですしね。

「和」に寄っている我が家には、リッツウェルの方がテイストが合うかなあと。

あと、価格もカリモクの椅子よりも安いので、非常に迷っています。

ちなみに、妻は座面が革の方がいいと言ってましたが、自分は座る時間が長いので布がいいなあと。

 

思わぬ発見はソファ「リーワイズ」

ところで、リッツウェルでは大発見をしてしまいました。

それは、「リーワイズ エクスクルーシブ」という長い名前のソファです。

とても、奥行きのあるソファで、ベッドの代わりにもなりそうな広さ。

とはいえ、背もたれのクッションを外しているので奥行きが広く見えるだけで、実際は、標準的なソファーより、5cmほど奥行きが大きいだけだそうです。

でも、ポイントはそこではなくて背面のデザイン。

こちらです。

すごい「和」です。

黒い格子のところは、ブラウンにも変更できるようです。

設計さん、ICさんが何とおっしゃるかわかりませんが、ウチのLDKに合うかどうか。

でも、むしろ、これにLDKを合わせたいというくらい「いいいなあ」って思っちゃいました。

妻も、このソファの方がでゴロゴロできて良いと言ってます。

ゴロゴロて。苦笑

 

しかし、問題は金額です。

カタログには価格は掲載されていないので、ショールームの価格表示のうろ覚えですが、「¥800,000 ~」ってなってたような記憶が。。。苦笑

割引してくれたとしても恐らく、いや確実に柏木工のソファー( ↓ )よりアップするでしょう。。。

見積もりを住林さんに送っておきますねーと言ってましたが、どうなることやら。。苦笑

 


その他、リッツウェルで気になった家具

リッツウェルでは、当初、ICさんから「リビングテーブル」もオススメされてました。

ショールームで写真を撮り忘れたんで、リッツウェルのWEBサイトから拝借したものですが、これです。

やっぱり、実物を見るとすごく格好良いです。

ただし、けっこうサイズが大きいです。

そして、高さがあまりない。

背の高いものと低いものとあるんですが、背の高いものも割と背が低い。苦笑

なので、ウチの場合はむしろ、こちらのサイドテーブル(左)の方がいいかなと思ったり。

そしたらリッツウェルの担当さんが、2つセットで配置すると、動きが出ていいですよとのこと。苦笑

おいおい2つ買わせるつもりかい!

って思ったら、妻が「たしかに買うなら2つだね」というので、うーん。。。苦笑

 

フレームが独立しているソファっていいかも

あと、インテリアフェアで見かけたソファもありました。

改めてじっくり見ると、格好いいですね。

 

ちなみに、ソファってどれくらいで、へたりますか?って聞いたら、

「使い方にもよりますが、8~9年くらいでしょうか。」

とのこと。

ちなみに安いソファだと2~3年くらいで、早々に「へたり」ますからね。苦笑

数年で買い替えをすることを考えたら、耐久性のある高いソファの方がお得感はあるんですかねえ。。。

あと、店員さんが言うには、

「クッション部分だけ交換できますよ。」

とのことなので、やっぱりフレームからすべてのクッションを脱着できるソファはいいなあと思ったのでした。

ていうか、高いソファってみんなそうなんですかね?

 

やっぱり、こうして一通り見てみると、リッツウェルってデザイン性の高い家具メーカーなのかなあって印象はあります。

書斎の椅子と、ソファ、そしてリビングテーブル(サイドテーブル?)の3点は、検討してみようと思います。

あ、予算が合えばですけどね!!!苦笑