総2階プランあまりコスト削減にならないらしい??




土日も仕事でバタバタしてましたが、(ていうか今日もバタバタしてるんですが。汗)住林さんに打ち合わせの時間を取っていただきました。

総二階のプランが出たとのことで、その件です。

 

さっそくプラン&積算を見たい!

ところが担当さんが日曜はお忙しいみたいだったので、どうしようかなと。

ずいぶん期間があいてしまったので、プランだけでも早く見たいですよね。

なので「こっちから取りに行く」といったんですが、それも「厳しい」とのことで困ったなと。

あ、でも、そういえば!!

「困った時はいつでも呼んでください。」とおっしゃって頂いたので、支店長さんに「ちょっとご相談が・・・。」ということで来て頂きました。

ご連絡してみたら、自宅まで来ていただけるとのことで助かりました。

 

支店長パワー炸裂!!

さて、今回のポイントは3点。

・どくらいのコスト削減になるか?

・総二階にしたことで何を犠牲にするか?

・そもそも予算に収まる提案がほしい

です。

で、さっそく支店長さんにウチに来て頂いたのですが、プランを持ってこられてなかったみたいでした。

確かに、支店長さんに「来ていただけますか。」とお電話する際に、「まずプランを見たい」と伝えてなかったので、あ、しまったなーと。。。

そしたら、すぐに支店に電話して頂いて、手が空いている人に自宅まで持ってきていただいちゃいました。

さすが、支店長パワー炸裂です。

あっというまに、書類が手元に届きました。

でも、ほんと、お手数おかけしてスミマセン。

 

どのくらいのコスト削減になるか?

さて、注目のコスト削減幅ですが、どれくらいになったのでしょうか。

事前に目安をうかがっていたのは以下の通り。

 

・支店長さんの話では場合によっては数百万

・担当さんからの直前のお電話では、「まだ積算途中ですが今のところ概算で200万弱」とのこと

 

ちょっと期待値が下がっていましたが、さらに衝撃の一言が。。。

支店長さん曰く、「本体価格だけで200万ではなくて、総額で200万くらい」になりそうです、とのこと。

うーん、さらにガックリです。。。

本体だけで数百万レベルをしたいしていただけにショックがでかいです。

でも、よく考えたら、数百万も異なるなんて、それはちょと極端なケースですよね。

(ていうか、数百万って、ちょっと盛ってるクサイですよね。苦笑)

まあ、ウチの場合は、そもそも坪数もそんなにないですから、そこまで変わらないのかもしれませんね。

ただ、正確な金額は営業さんでないと出せないので、もう少し待ってね、とのことでした。

 

驚愕の支店長チェック!笑

と思っていたら、翌日、(というか、ちょうど先ほど)営業さんからご連絡がありました。

金額の件ですが、本体価格の方は提案工事の内容も含めないと正確な金額が出ないとのことで、もう少しお時間がほしいとのこと。

もうちょっと下げ幅が広がるかもしれず、ちょっと希望が出てきました!

なので、しばらく待ちたいと思います。

 

でも、総二階プランがあまり効果がないとなれば、もうすこしコスト削減を考えなければなりません。

なにより、コスト削減って施主の立場からすると難しいんですよ。

例えば、「提案工事から見直してみてください。」って言われても、自分的には「必要だから」提案工事に含めたのであって、減らす余地ってないんですよ

総二階にするにしても、提案工事とかからコスト削減すると言っても、そこで機能や意匠に大きな犠牲を払うのであれば、今回の家づくり計画(本当に満足のいく家を建てる)の意味がなくなるんです。

というわけで、支店長さんとの打ち合わせで、「どう削減したらよいか」、良い案を教えてほしい、と聞いてみたんです。

つまり、「自分たちだけでは何が削減できるか、思いつかないから、教えてくれ」という話をしたんです。

そしたら、「積算書を見せてください、今から私の方で何が減らせるかチェックいたします。」とのこと。

わわ、すごい!そんなことしてくれるんだ!

でも、支店長さんと言っても昔は営業さんだったわけですしね。

そういうことをお客さんとやってきたわけですしね。

いや、でも、ありがたい話です。

 

さすが支店長になる人は違うなー

そしたら、施主支給で安くなるものとか、あまり効果的でないエコカラット、ちょっとごついクレストさんのTVボードの変更、などいろいろ、総額で100万くらいになるかなと思われる、コスト削減案を出していただきました。

いやーお話を聞いて、なるほどなーと思いました。

先ほど書いたように、単純に、提案工事からなにかを減らしてくださいと言われても、必要だから提案工事に含めたのであって、減らす余地はありません。

でも、逆に「これは、こういう理由で使わないかもしれないし、オーバースペックかもしれないし、スペースの無駄になるかもしれない」、などの理由込みで、ひとつづつ提案してもらうと、なるほど、これは削減できるなと納得できるんですよね。

この短時間の支店長MTGで、これだけの削減候補を頂いたのは、すごく参考になりました。

そして、「やっぱ支店長になる人ってのは、話をまとめる力がすごいね。」と妻と感心したものです。

 

あと忘れていたけど、外構もなんとか、予算内のプランをだしてほしいなあ。。。