住友林業の坪単価(こだわらなければ、いくらで建てられるのか?)




そういえば、先日の3連休くらいから梅とか花桃とか、咲き始めましたね。

犬の散歩がてら、いろんな地域の行楽地へ遠出したりして、楽しい季節がやってきました。

その一方で楽しくないのはお金の話。苦笑

今回は、前々から予告してました、住友林業の提案工事(一般的にはオプション工事と呼ぶ)の内容について、3回くらいに分けて、皆さんと情報共有したいと思います。

 

それにしても家っていうのは、こだわれば際限なくなってしまうものでして。

とはいえ、それほどこだわっている自覚がないのも確かでして。。。

難しいものです。。。

※ これからご紹介するのは、あくまでざっくりボカした金額で、あと値引きとかの金額も書けませんので、あしからず。。

 

住友林業の本体工事と提案工事(きこりん税)

ところで積水ハウスと住友林業では、積算上で少々「違い」があります。

積水ハウスは「オプション工事」という項目がありません。

もちろん、床材やバスルームなど、標準でオススメされる住宅設備はあります。

ですが、「床材は無垢材にする」とか、「バスルームはバックマリオンドアにする」とかしても、積算上は追加工事とかオプション工事というような扱いにはなりません。

すべて、並列に積算書に並びます。

 

一方で、住友林業の場合は、標準以外の住宅設備を採用すると、すべて「提案工事」という項目でまとめられます。

しかも、提案工事には通称「きこりん税」と呼ばれる、12%の諸経費が加算されますので、積水ハウスと比べると、少々不利な条件となります。

つまり住林は、本体工事と提案工事(きこりん税)の2つを合わせたものが「本体工事価格」ってことになるのです。

 

でも、きこりん税があるからといって住林が高いと決めつけるのは早計で、比較するなら必ず「総額」で比べる必要があります。

そもそも、ウン千万という莫大な金額ですから、その内訳項目間の敷居を少々上下左右に動かして調整できてしまいます。

ですので、1つの項目で、どっちのハウスメーカーが高いか安いかを比べても、正しい判断はできないと思うのです。

 

とくに、ネット上の評判では「住林さんは値引き額が大きい」って、ちょくちょく書かれてますよね。(ほんとかなあ? 苦笑)

まあ、ウチの値引き額はブログには書けませんが、でも、そういった値引きですとか、キャンペーン等を考慮して全部の総額で比較しないと、どっちのハウスメーカーが高いのか安いのかの判断はできないと思うのです。

 

住友林業の坪単価(35億 ウソ 当社調べ! 笑)

前にもブログで書いたんですが、坪単価をネットで調べると、ほんと、人によって様々です。

仮に同じメーカーだっとしても、こんなに差が出るものかと、かなりの不公平感を感じたり。。。

当時「この差って、なんでかな?」と思って、ネット上で内訳まで公開している人の情報をいろいろと調べてみたんです。

そしたら、人によっては、外構とかも坪単価に入れているんですよね。。。苦笑

その計算で行くと、ウチの場合、積水ハウスさんも、住林さんも坪単価100万円を、はるかに超えます。

でも、そりゃそうですよね。。。

 

とはいえ、なんとかして正確に比較ができないか。

そこで、なるべく本体価格だけを比較してみようと思いました。

ソーラとか、付帯工事とかを省きつつ、あと住林の場合は照明が本体価格と別れているのですが、これは逆に加算しつつ、いろいろ工夫して自分なりの坪単価計算をしてみました。

そうしましたら、積水ハウスの本体の坪単価は、ざっくりと、、

82 万円/坪

住林の場合、これもざっくりとですが、、、

90 万円/坪

という結果が出ました。

でも住林の場合は、造作や複雑な間取りなどで積水ハウスの時よりも、かなりの数のオプション工事(提案工事)を追加してますから高くなるのは当然。

では、仮に、オプション工事(提案工事)をすべて取り去ったらいくらになるか。

なんと、これも概算ではありますが

80 万円/坪

提案工事がないと、ここまで変わるんだなあと。。。

 

※注 上記、個別条件など除外するため一部は推測での計算も含まれます。

なので新築検討中の方は、必ずハウスメーカーで正しい積算を出してもらってくださいね!

 

こだわらなければ、いくらで住林の家が建つのか? 笑

ただし、ネット上では提案工事が少ない家を「しょぼ林」と呼ぶそうで。。

でも、ウチみたいに家に強いこだわりのある人は提案工事が増えるし、そうでない人の場合は自動的に提案工事は減るわけでして。

極端な話、提案工事なんかなくても、素晴らしい「住友林業の家」が建つわけです。

「しょぼ林」なんていうネーミングは、きっとネットの住林工作員の仕業であろう!そう思うわけですが。笑

 

ちなみに先ほど、住林で「坪単価 80万円」という数字が出たんですが、そこにガス工事とかの付帯工事を追加するとどうなるか。

つまり、最低限の装備だけで、実際に家を建ててみた場合の坪単価が気になりまして。。

試しに計算してみたのです。

とくにこれと言った提案工事も無し、外構も無し、平均的な値引きアリ、冷暖房とか最低限の快適性を備えた場合を想定。

そしたら、85万円/坪 となりました。(諸費用は別です)

としますと、仮に土地は既に所有していて、ウチみたいに家に変なコダワリのない人の場合。

外構や提案工事のほぼ無いシンプルな30坪~35坪の家を住林で建てようと思ったら、3000万円くらいあれば余裕で建てられる計算になります。(ほんとか!? 苦笑)

でも計算上はそうなので、そうなんでしょうねえ。

というわけで、だれかチャレンジしてみて下さい!笑

 

※注 上記、個別条件など除外するため一部は推測での計算も含まれます。

なので新築検討中の方は、必ずハウスメーカーで正しい積算を出してもらってくださいね!

 

平屋から二階建てへ、提案工事価格の推移

さて、話を提案工事に戻しましょう。

当初、平屋プランの時の提案工事は、ザックリと600万円くらいだったと思います。

外構の積算が4桁万円を超えていたので、若干マヒしていたのかもしれませんが、そんなもんなのかなあと思っていました。

といいますか、そもそも、他人と比べることができませんので、高いのか安いのかわからないのです。。

 

しかし、二階建てプランにしたことで、ざっくりとですが、3分の2くらいには減りました。

なんでこんなに差が出るんだろうと思ったんですが、タイルをやめたのが大きいようです。

あと、二階建ての間取りでは、フィットしない提案工事というのもありまして。

例えば、小上がりの和室とか、二階建てバージョンでは、間取りとフィットしないんですよね。。。

それらフィットしない提案工事をカットして、合計すると、なんとか400万円くらいになったのです。

 

ただし、結局のところ本体価格は平屋プランを上回ってしまったので、実は「二階建てでコストダウン計画」は本末転倒になりかけていまして。。。

この提案工事と、あと懸案だった外構工事がぐんと減った(減らした…)ことで、なんとかバランスがとれたかなという感じであります。苦笑

ほんと、理想の家づくりは頭が痛いですね。。。

というわけで、次回は個別の提案工事のお話をしたいと思います。