住林さん提案工事(TOTOのバスルームを忘れてました…)




さて、まもなく、ていうか明日、我が家も着工を向か迎えます!

建築予定地に行ったら、きこりんフェンスが登場してました。

まだ、クラブフォレストの表示は「着工前」ですが、明日には何か表示が変わるんでしょうか!?

でも明日は雨っぽいので、こりゃ延期でしょうなー。

 

なんて思いながら、色柄関係の最終チェックを3DCGを見ながら考えてましたら、あれ?

提案工事の内容に書き忘れがあるぞ? バスルームのこと書いてないや。。。苦笑

住友林業の提案工事の内容と金額をご紹介(トイレ・洗面・壁紙・床)

2018.03.12

住友林業の提案工事の内容と金額をご紹介(寝室・家事室・WIC)

2018.03.10

住友林業の提案工事の内容と金額をご紹介(書斎、LDK)

2018.02.23

住友林業の提案工事の内容と金額をご紹介(玄関と客間)

2018.02.21

というわけで今日は、提案工事の本当の本当に最終回です!苦笑

 

提案工事は地域や年度によって違うみたい・・・

先日の記事で、設計さんから「地域によって異なる仕様」についてお話がありました。

つまり、地域によっては施工方法が異なったり、同じような金額で施工不可能だったりするケースがあるよって話。

ハウスメーカーのブログ情報について、やんわり注意が(苦笑)

2018.03.14

で、提案工事について、住林ブロガーさんのブログをいろいろ調べてみたのです。

そしたら、確かに、ありゃーほんとだ、金額がちがーう!

例えば、ニッチやリブリーとか、うちより安く施工されているケースもあったり。

逆に高いなあと思ったものもありました。

 

あと、自分の場合は提案工事ではなく本体標準工事だった項目が、別のブロガーさんは提案工事として計上されている人もいました。

たぶん、年度によって、標準仕様が変わっているんでしょうねー。

提案工事も年度や地域によって差があるってのは、頭に入れておかないといけませんね。。

 

バスルームの提案工事

というわけで早速ですが、先日書き忘れましたバスルームの主な提案工事です。

 

★TOTO1620サイズ2階用(差額)・・・・・・・・・・・・・・・・約 220,000円

   ※積水ホーム1616サイズ1階用との差額・・・・・・・・・・・約 270,000円

★ワイドミラー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・約 15,000円

 

お風呂の差額について補足です。

もともとの標準仕様は、積水ホームテクノさんの1階用1616サイズで 345,000円です。

それを2階に持っていくと、2階用1616サイズに変更となり、395,000円です。

ここで5万円の差。

そこからさらにTOTOの1620サイズ2階用に変更した差額が、220,000円となります。

つまり、22万円 + 5万円 = 27万円 となるのです。

意外に大きい差額ですね。

 

TOTOで残念なのはガラス張りのお風呂仕様がないこと

ちなみに、TOTOのお風呂は、妻の要望です。

営業さんの自宅もTOTOらしく、「掃除がしやすいですよ」とのこと。

妻も、いろんな人から「TOTOが良い」という評判を聞いていたので最初からTOTOで決めていたようです。

 

ただ、個人的には、ガラス張りのお風呂が良かったんですよねー。

ちなみに今の積水ハウスの家は積水ホームテクノ製のガラス張り(バックマリオンドア)仕様です。

相変わらず、工事中の暗い写真しかなくて恐縮です。。。

 

でも、現状TOTOのお風呂はガラス張り仕様にはできないらしいのです。(オプションも無し)

以前にご紹介しました弟の家はTOTOだったんですけどガラス張り仕様だったのでホント残念ですねー。

無印良品の家をWEB内覧会(間取り・内装 編)

2018.01.08

積水ホームテクノの他には、パナソニックのお風呂もガラス張りにできるようです。

先日、住林さんの某住宅展示場に行ったらありました。

パナソニックのお風呂ってけっこく格好良いですよね。。。

思わず「これに変更したいなあ」って思っちゃいましたが、でも今回はTOTOの実力を試してみることにします。(次回があるのかよ?)

まあでも、今回は、バスコート仕様でバルコニーが中から見えるようにして開放感ありますし、まあいいやって思うようにしています。。。苦笑

 

その他、コンセント等の細々とした提案工事

あと、他にもこまごまとしたもので提案工事に含まれていたものがあったので残しておきます。

まずは、電気配線関係。

 

★追加の電灯配線(× 25)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・約 56,000円

★追加のスイッチ(× 5)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・約 15,000円

★追加のコンセント(× 5)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・約 15,000円

 

上記、本来は標準工事に含まれるそうですが、数が多くて超過したものは提案工事となるようです。

今の時代、ダウンライトが主流なので、必然的に電燈配線の数は多くなりがちですね。

 

その他、USBコンセントとか、色々ありますが、細かいものも足していくと、結構な金額になりますね。。。

 

★USBコンセント(× 2)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・約 10,000円

★単独のLAN端子(× 3)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・約 30,000円

★格好良いスイッチプレート(× 2)・・・・・・・・・・・・・・差額 約 6,000円

★外部ジョイントBOX(× 6)・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 約 30,000円

 

その他、部屋に属さない提案工事

見直したら、他にもありました。苦笑

今までは、部屋ベースで提案工事をご紹介しましたので、漏れちゃったんですが、部屋に属さない提案工事もいくつかあります。

 

★深基礎・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・約150,000円

 

うちの場合は、ひな壇の分譲地を2区画購入ですから、家の一部が段差にかかりそうでかからない微妙な位置になります。

その部分は、深基礎でないと危ないということで深基礎を採用しています。

普通のおうちでは深基礎なんて出てこない項目だと思います。

 

★防犯ガラス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・約170,000円

 

あと、防犯ガラスは、結構な金額ですね。

窓の数が増えれば必然的に増えますが、まあこういうのは今どき標準工事に含めてほしいものです。。。

提案工事だと「きこりん税」という手数料が余分にかかりますしね。

 

軒天井はリブにするか迷ったんですが・・・

次は、軒天井です。

これも部屋に属さない提案工事ですが、これ実はけっこう迷ったんですよね。

現状、通常タイプの木調軒天に変更していますが、リブ天井タイプにしようか迷いました。

 

★軒天(木調)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・約40,000円

 

ウチは平屋プランから二階建てプランに変更した段階で、軒天井はリブ天井じゃなくてもいいかなって、思ったんですが。

2階建ての屋根ですから、すごく上の方ですし、いつも日陰で暗くてよく見えないので、なんでもいいんじゃないかと。

でも玄関には庇部分があるので、そこだけ「リブ天井」の方がいいかなと思ったんですが、部分的にリブ天ってのもまた変でしょうと。。。苦笑

とはいえ、玄関の庇部分だけリブ天井にしたいがために、家の全部の軒天をリブ天にそろえるのも非常にもったいないし。。

 

それに、多くの住林ブロガーさんがリブ天井を採用してますが、普通の木調の軒天井も格好悪くはないんですよー。

逆に、リブ天井の細いラインについて、「もう少し太いラインだったらなあ」ってのが個人的な感想なんですよね。。。

今の積水ハウスの家の軒天井くらいの広い間隔でラインが入っているのが自分の好みです。

なので、この辺りは個人の好みも出てくるかなあって思います。

 

あ、ニッチ棚も漏れてた。。。

あと、すみません、部屋に属する提案工事も一部、漏れてました。。。

ニッチ棚です。

 

★ニッチ棚(造作タイプ)・・・・・・・・・・・1か所当たり・・・約25,000円

 

ニッチ棚は、クレストさんの既製品の「はめ込み」ではなく、完全に造作です。

スイッチ類を収めたりする感じのニッチ棚です。

設計さん曰く、ニッチ棚はけっこう手間がかかって、「大工さんが嫌がる工事のひとつ」だそうです。笑

まあ、自分もIT屋さんですが「手間ばかりかかって退屈なプログラム」ってありますからねー。

気持ちわかります。。。苦笑

 

というわけで、以上で本当にすべての提案工事のご紹介となります。

ご参考になれば幸いです。