東京ガスのガス展にデリシアを見に行く




ただいま実家に家庭の事情で数日間、帰省中です。

この歳になると両親の健康問題とか、まあいろいろ出てくるんですけど、高齢者って急に・・・ということもあるので、年2回帰省してたのを年4~5回帰省するようにしています。

ところで久しぶりに友達と会ったら、走ったりジムに行ったり運動とかしているみたいで、体形を維持してたのに驚きました。苦笑

決算事務とか仕事が忙しくて、かなり最近はバタバタしていてブログを書いている時間がありませんが、自分自身の健康にも気を使わないとなあ、と思いましたね。

しかし、連休はとてもいい天気が続いてよかったです。

 

東京ガスのガス展2017

さて、実家に帰る前に、東京ガスのガス展に行ってきました。

目当ては「デリシア」です。

施主支給でコスト削減する

2017.10.05

住林さんでデリシアを導入すると、ほぼ定価になっちゃうんです。

なので、ガスコンロは施主支給にした方が少しでもコストが削減できるかなと。

が、最初はコスト重視でネットで買おうと思ったのです。

でも、よくよく考えたら、近所の東京ガスショールームのガス展で買った方が方が安心かなと思ったんです。

 

それと、あともうひとつ理由があります。

住林さんから、「ガスコンロを施主支給する場合は、取り付け工事は建物完成後に工事手配をお願いします。」と言われてしまったんです。

つまり、「ガスコンロを買っておいたので、キッチンの工事の時に一緒に取り付けてね!」ってのはNGらしいのです。

というのも、ガスコンロはキッチンメーカーが仕入れて取り付けるらしく、融通が利かないとのこと。

なので、値引きもなければ、工事もしてくれないそうなのです。。。

 

キッチンメーカー専用ガスコンロは付属品がない!?

さて、下の写真は、デリシアの100v電源タイプです。

ちなみに、五徳の色はシルバー、本体色もホワイトゴールドを購入予定なので、下の写真は見た目が希望のものとは違います。

なので本当は実物を見て決めたかったんですが、面倒くさいので予約しちゃいました。苦笑

でも施主支給にするメリットは他にもあります。

積水ハウスの時もそうだったのですが、ガスコンロを買うと「ココット」という調理器具が付属品で必ずついてくるはずなのに、付いて無いんです。。。

なぜなら、ガスコンロはキッチンメーカーの専用ガスコンロらしいのです。

つまり、クリナップが自社キッチンの為に特別にリンナイに作らせた専用品とのこと。

なので、付属品が付いてないらしいのです。

ちなみにココットとはこういうやつでして、デリシアには付属で付いてきます。

 

ココットはかなり使える調理器具らしい

でも、このココットが妻に言わせると、かなり優れものらしいんです。

営業さんもご自宅で使っているらしく、超オススメですと言ってました。

自分は料理とかあまり詳しくないのですが、「使わないと損!」くらいの勢いの代物らしいです。苦笑

なので、その辺を考慮しても、ガスコンロは施主支給がいいのではないかと思いますね。

だって、これ買うと15000円くらいしますからね。

 

 

それからウチはさらにダッチオーブンも購入したいと持っています。

これもまたいろいろ便利だそうです。(よく知りませんが。苦笑)

 

下がダッチオーブンです。

ココットと違って、フタが密閉されています。

ただし、これは深型タイプですので「デリシアグリレ」というタイプでないと使えないそうです。

デリシアグリレってのは、五徳からナベとかを外しても火が自動で消えないタイプのコンロです。

大火力を使って中華鍋を振ったりしたい人はデリシアグリレの方が良いです。

 

幹太くんは施主支給NGみたい

その他、ガス製品があれこれ売ってましたが、幹太くんもありました。

工事込みの価格も住林さんより少し安いような。。。

でも、幹太くんは施主支給NGみたいです。

家本体と密接だし高熱になる商品なので、できれば避けたほうが無難とのことでしたが、確かにその通りですね。

 

その他、TOTOのキッチンやお風呂なども展示されていました。

TOTOのバスルーム「シンラは」格好いいなあと思いますが、住林さんの場合はサザナなんですよね。

あと、なぜか花や年賀状が売っていたり。苦笑

連休初日、良い天気で賑やかなガス展のご報告でした。