退去後?WEB内覧会!? (積水ハウス ありがとう 編)

今日は番外編です。

田舎暮らしから仕事に集中しようと街に出たのが2013年の年末。

積水ハウスで新築を建てることを決断し、2014年に着工しまして、2014年の夏の終わりに入居。

そして2018年、4年ほど住まわせて頂きました積水ハウスとお別れとなりました。

今日は荷物の片付けとか、掃除とかした後の、家の様子をWEB内覧会としてお送りしたいと思います。

 


積水ハウスのアフターサービス担当さんから電話!?

実は先日、旧宅、積水ハウスのおうちは綺麗にハウスクリーニングが入りまして。

不動産屋さんにも営業活動などをして頂いているのですが。

本日、タヌコロたちの散歩中に急に積水ハウスのアフターさんからお電話がありまして。

あれ、5年点検?先日の補修の件?何だろうと思ったら予想外のご連絡でした。

「HEMSサポートからアラートが上がってきましたので、ご連絡差し上げました!」

とのことでして、なんじゃそりゃ?と思ったら、HEMSからの通信が途絶えたとのこと。

なんだかハイジャックされた飛行機からの通信が途絶えた!みたいな感じで、ちょっとヒヤっとしたんですが。苦笑

何のことは無くて、HEMSってネット経由で集中管理センターみたいなところと常に通信しているみたいなのです。

そうそう、こんな感じで電源もLANも外しちゃったのです。(プロバイダも移転手続きしたし)

積水ハウスさんが言うには、「見守りサービス」というものに加入していたみたいで、問題発生です!ってアラートが出たみたいなのです。

そういえば、積水ハウスのオーナーサイトでもHEMSの成果が表示されますし、そうそう、ネット連動してたんだーと。

 

置き家具の処分は予想以上に大変(大赤字です)

それはさておき、家の荷物を住林の新居に持って行くのはアートさんにお任せですが。

それでも「持って行かない荷物」ってのもあるわけでして。。。

とくに住林の新居では「造り付け家具」を多用しました。

長年使った置き家具を処分したいという理由もありましたからね。

なので、家の中に残った家具家電はすべてリサイクルショップの出張買取で持って行ってもらおうと思ったのです。

ところが!!

出張買取の金額はけっこうシブイみたいでして。。。

全部「出張買取」をして持って行ってもらうと、驚くほどのマイナス!苦笑

元から期待はしてなかったのですが、せいぜい「0円でいいから全部持って行ってください!」って思ってました。

ところが、予想外の「超」マイナスでして、あー、これは困ったなと。。。苦笑

 


0円以上のモノだけ売って、のこりは自分で処分

マイナスで引き取ってもらうのは、ちょっと考え物だなあと。

とはいえ、メルカリとかで売ったりするのは面倒だし、それに何日も時間かける余裕もないし絶対に無理。

なんとかして、一気に全部片づけたい

そこで、0円以上のものは全て持って行ってもらいまして、マイナスに値付けされたものは市で処分してもらおうことにしました。

ちなみに、ニトリで購入の、こんな感じのテーブルとソファのセットは0円です。苦笑

ちなみに冷蔵庫とか洗濯機の家電は10年近く使ってたんですが、そこそこの金額が付きました。

とはいえ、クレーンで下まで降ろすのに2万5千円かかりましたから大赤字なんですが、まあ仕方ありませんね。。。

 

大物家具は電気ノコギリでDIY!?

でも、自分で処分するにも問題は山積みです。

そもそも、TVボードや高さ2M、幅2Mの大型デスクなど、こんな大きな家具を1階まで降ろせません。

そこで、ホームセンターのDIYコーナーで電気ノコギリを借りてきまして、バラバラに解体することに!

ノコギリの歯は自分で買うんですが、本体の2泊3日のレンタル料と合わせて3000円くらいだったかと。

まあ、処分に数万円を払うくらいなら安いものです。

というわけで、恐る恐るやってみると、これがまたけっこう簡単にバラせるんですよね。

夕方くらいから始めて夜には終わりました。

これだけバラせば、自分たちだけで階下に降ろせます。

まあ、何往復もするので大変でしたが・・・。汗

そして、これらのゴミを駐車場に配置しまして。

市の清掃業者さんに持って行ってもらうために「処分シール(有料)」を貼って完了です。

結果、物置やら自転車やら、いろいろ処分シールを張り付けたら、合計1万円超えちゃいましたけどね。。。苦笑

というわけで、リサイクルショップに持って行ってもらうのと、解体して駐車場にまとめるのとで1日かからずになんとかなりました。

非常に疲れましたけどねー。

 


ハウスクリーニングは30坪で12万円ナリ

さて、ハウスクリーニングが入るまでに家の中を空っぽにしなければなりません。

なんとか大物はDIYで処分して、細々としたものも「燃えるゴミ」やら「燃えないゴミ」に分別。

そしてやっとハウスクリーニングです。

ハウスクリーニングはアートさんでオプションで頼んでおいたので、30坪で12万円でやってもらいました。

かなりサービスしてもらったようなのですが、相場が良くわからないので高いのか安いのか。。。苦笑

まあ、4年しか住んでないので綺麗ですし、それもあって安くしてもらったんだろうなとは思います。

 

というわけで、以下、ハウスクリーニングした後のピカピカ状態、退去後WEB内覧会ということでご覧ください。

 

2階のLDK

このように、ワックスもかけてもらったのでピカピカです。

ていうか、てっきりクリーニングだけかと思っていましたので、ワックスがけまでしてくれるなんて感動です!

実は床がテカテカなのも、かなり好きな自分。(そういえば一条工務店のモデルハウスはテカテカだったなあ。)

ちなみにカーテンはそのまま置いておきます。

カーテンは積水ハウスさんで用意してもらったものなので、けっこう高価だった記憶があるのですが、新居に持って行けないので仕方ないですね。。。

キッチンもこのとおり、ピカピカになっております。

これだけ綺麗だと、なんだかもったいない感じが・・・。苦笑

もちろん、デリシアも置いていきます。。。

まあ、カーテンにしろ、デリシアにしろ、賃貸に出すなら設備として無いと困りますからね。(売れちゃえば別ですが)

あと、セコムですが、住林ではセコムの設備は「買取」ですが、積水ハウスの時は「レンタル」でした。

なので、解約と同時に「SECOMモニター」とかも取り外しちゃうんですが、その跡はこんな感じです。

白いプラスチックのパネルを貼ることになります。

まあ、仕方ないですね。。。

 


3階の寝室、家事ルーム

つぎは3階です。

3階は2部屋とも和室で、一つは寝室、もう一つは家事ルーム+WICのようになっております。

綺麗に片付いちゃってます。。。

こちらの寝室には、部屋干し用ホスクリーンがあります。

これ、冬に洗濯物とか干しておくと乾燥対策になるんですよね。

WICも空っぽになっております。

まあ、WICといってもかなり省スペースで押入れと兼用ではありましたが。

ちなみに、今思えば、けっこうコテコテの襖のデザインだったんですよねー。苦笑

この模様、渋すぎる。。。

あと、2階もそうですが、3階のバルコニーもハウスクリーニングしてもらいました。

バルコニーまで奇麗にしてくれるんですね、助かります。

 

1階のバスルームとMTGスペース

最後は1階です。

1階のバスルームも、こすっても全然落ちなかった床の汚れが見事に綺麗になっていました。

このガラス張りのバックマリオンドア仕様は本当に開放感があって良かったです。

洗い場も浴槽も広々して、まったくもって不満の無いバスルームでした。

ミーティングルームもガランとしちゃいました。

今思うと、この親子ドアは、かなり格好良かったなあと思いますね。(積水ハウスオリジナルだったような)

そして、このタイプのエコカラットは、貼る場所があれば、新居でも使いたかったなあと改めて思いました。(やっぱ格好良い!)

書斎も、デスクや本棚がなくなって、スッキリしたスペースになりました。

使わなくなっちゃった書斎ですが、床は土間ですし、納戸として使うのも良いかもしれません。

 


玄関アプローチもクリーニングしてくれました

そして最後は家の入口。

玄関までのアプローチです。

すごく綺麗にしてもらいました!

いやあ、こんなところまでクリーニングしてくれるんですね。

業者さん3人で9時から3時くらいまでの作業でした。

 

というわけで、退去後WEB内覧会。

まあ、WEB内覧会と言っていいのかどうなのか微妙ですが。苦笑

色々な思い出もありましたし、「4年間ありがとう」と言いたいですね。

 

もともとは仕事に集中したいと思って選んだ土地と、そして仕事のことを最優先して設計された家です。

まったく住林の新居とは正反対のコンセプトだと思います。

士業の事務所とかフリーランスの事務所兼自宅としては最高なんですが、犬などペットがいるとちょっとキツイかもしれませんね。。。苦笑

あ、でも土間スペースをペットの部屋にもできますね。(今更ですがグッドアイデアかも!?)

積水ハウスの家のWEB内覧会(入居前/後編)

2018.02.18

積水ハウスの家のWEB内覧会(入居前/前編)

2018.02.16