マイホームに後悔したら別荘はオススメ


別荘は楽しみ方いろいろ!しかも売りやすい!

そんなわけで、激安の別荘を購入したわけですが、これは自分的に大ヒットでした。

仕事が忙しい中、別荘ライフをかなり楽しませてもらいました。

結果として売ってしまいましたが、大正解だったと思います。

金額の安い別荘は多くの人が狙っているので、売りやすいのもいいですね。

 

 

新築マイホームに失敗したら損切か買い増しか?

さて、世の中には、せっかくマイホームを買ったのに、自分のように失敗してしまった人はたくさんいるようです。

インターネットで検索すると、かなりのブログや体験談が出てきます。

やっぱり、どなたも、買ったばかりのため、すぐに買い替えて引っ越しはできないし、困っているようです。

もちろん、大損害を覚悟で損切、つまり、すぐに買い替えた人の体験談もありましたが、お金に余裕があるなら、それでも良いかもしれません。

 

しかし、そんな時に「別荘購入」という、いわゆる「買い増し」の選択肢は、かなり「アリ」なのではないかと思うのです。

住宅購入したばかりでお金がない場合も、500万円くらいで購入できる別荘でしたら、条件が厳しいと言われている銀行のセカンドハウスローンも通りやすいでしょうし、または、あまりお勧めしませんが、銀行のフリーローン(金利が高い)とかでもいけそうです。

距離的にも少し無理すれば勤務地にも通えるか、または、金曜の夜から土日を過ごして月曜の朝までの別荘ライフでも良いですよね。

新築の何を失敗したかによっては、別荘でそれを補うことができると思うのです。

 

 


隣人トラブルでマイホームが嫌になったら別荘は超・オススメ

とくに、隣人トラブルで嫌になっちゃった人なんかは、おすすめです。

家が二つある状態というのは、ある意味で、近所付き合いを意図的に希薄にできるんですよね。

たまに目が合ったときなんかに挨拶だけでもしておけば、OKです。(こういうところで無視したりするとNGです。)

それに、ご近所さんと人間関係が深くならないので、相手の嫌なところを見なくて済みます。

つまり、ご近所さんと、かなりベストな距離感を保ったままでいられるのです。

 

というわけで、新築失敗しちゃった人は、別荘ライフ、おすすめです。

別荘も失敗しちゃっても、安い別荘ならあきらめもつきます。

それに、田舎暮らしブームも根強く続いているので、安い別荘は本当に売りやすいです。

実際、1週間で売れてしまいました。

その話はまた別の日に。。